入社1年目だけど会社を辞めたい!新入社員の転職が不利な理由は?

希望をもって入社した会社、さぁこれからと働き始めたは良いものの、「想像と違った・・・」ということは少なくないでしょう。どの職場にも不満は少なからずあるものの、誰しも折り合いをつけて働いているのが普通です。

しかしながら、「どうしても我慢できない!」そう思った時にふと頭をよぎるのは転職。

でも1年程度働いただけで転職しても良いものなのか、という疑問も生まれるでしょう。

職歴が短い場合次の転職には不利だと言われる世の中ですので、そうした不安はなかなか拭えません。

1年で転職するのが不利と言われる理由

なぜ1年での転職は不利だと言われるのでしょうか?

漠然と不安を感じるのではなく、その点をしっかりと認識する必要があります。

経験が浅いと思われる

経験年数が短いということは、それだけ前職の中で経験出来たことが必然的に少なくなります。

仕事の能力は経験の長短だけで測れるものではないのは周知の事実ですが、職歴が短ければ短いほど経験を得る機会が少なくなるのも事実でしょう。

すぐに辞めるんじゃないかと思われる

前の会社を1年足らずで辞めたのであれば、「次もあっさり辞めてしまうんじゃないか?」という疑念は無理もないでしょう。

人材獲得は全ての会社の課題であり、その活動のためにいずれもかなりの費用と労力を割いています。

「雇ったはいいがすぐ辞めてしまった」これではかなりのロスになりますので、企業側はもちろん避けたいと考えています。

だからこそ、採用時の段階でそういった不安がよぎるような人は能力があろうと足切りされてしまう可能性があります。

もっと条件の悪い仕事にしか就けない可能性も…

前述のような理由から、転職活動は非常に厳しいものになるでしょう。

結果採用されたとしても、その仕事が今よりも条件が良いところかどうかは分かりません。

最悪の場合、より良い労働環境を目指して転職を決意したにも関わらず、結果として状況が悪化したなんていうこともありえます。

そしてそこでも耐えられず、またすぐに転職というような負の連鎖は絶対に避けたいですね。

1年未満で転職する際に気をつけること

経験についての冷静な分析をする

短い職歴であれば、経験値の面では他の候補者に劣るのはやむを得ません。

しかしながら、短いながらも学んできたことは多くあるはずです。

やってきたことをしっかりと棚卸しして100%伝えること、そして足りない部分については今後どうやって補っていくかなど、今後の展望まで伝えられるとなお良いと思います。

前職の経験値はもちろん重要ですが、新しい職場には新しい仕事・働き方がありますので、そういう新しい環境の中でもしっかりとスキルセットを身に付けられる人間であることをアピールするのも重要です。

退職理由を誰が聞いても納得できるものにする

転職の面接時には、前職を辞めた理由を絶対に聞かれることになるでしょう。

その時に、面接官が納得出来ない又は共感出来ないような退職理由であればその時点でアウトです。

「労働環境が悪かった」というのが理由だったとして、その環境を経験したあなたと、経験していない面接官では捉え方が大きく異なりますので、それが仕事を辞める理由として納得出来るものかどうかは微妙なところです。

ここで足切りされてしまっては元も子もありませんので、誰が聞いても納得出来るような退職理由をしっかりと準備し、まずはスタートラインに立つことを意識しましょう。

情報を集め、失敗しない会社選びをする

次の職場では、現職で実現できなかったことや満足できなかったことが改善される場所を選ぶのが前提になるわけですが、実際には一般公開されているような情報だけでは、これらを判断するのは難しいでしょう。

選考を受ける中で、そういった内容を質問する機会も得られるとは思いますが、限られた時間の中で転職活動を行なっている以上、しっかりとした事前情報なしに選考を受けるような時間の無駄は避けたいところです。

また、会社に聞いたところでしっかりした回答を得られるかどうかも確実ではありません。

こうした情報を個人で収集していくのはなかなか難しいと言わざるを得ません。

そのため、転職活動の際は必ず転職サイトの利用をおすすめします。

転職サイトのキャリアアドバイザーに候補企業への実際の転職者の状況などを事前に確認しておきましょう!

また、転職サイトのキャリアアドバイザーは、転職指導に関しても十分な知識を持っています。

履歴書の書き方や面接対策など無料でサポートしてくれますので、活用しない手はありません。

また、非公開求人など、自分だけでは決して見つけることができない好条件求人に出会える確率が大幅にアップします。

特に初めての転職であれば右も左も分からない状態だと思いますので、こうしたサポートを利用することで、転職のノウハウを身に付けることをオススメします。

1年で転職をする場合、転職活動が厳しいものになることは間違いありません。

安易に考えては必ず失敗しますので、転職に踏み切る場合は必ず覚悟をした上で行動に移して下さい。

しっかりと準備をし時間をかけてやれば、若さという武器を生かして成功の確率は上がるはずです。

対策を練って不利な状況を覆せるよう、転職エージェントを使って万全の体制で臨んで下さい!

20代・第二新卒におすすめの転職サイト

一般的な転職サイトは、実績と経験のある人物を対象に求人を紹介するため、経験の少ない人には不利になる傾向があります。

そのため、経験の少ない20代は利用する転職サイトをしっかり選ぶ必要があります。

20代、第二新卒におすすめの転職サイト⇒「就職Shop」

リクルートが運営する「就職Shop」

①転職のプロ集団リクルートが運営する転職サイト

人材紹介の大手「リクルート」が運営する20代向けの転職サイトです。

面接対策や企業との連絡など、すべてをコンサルタントが個別サポートしてくれるので個々にあった転職先を紹介してくれます。

②書類選考なし!未経験歓迎の求人が中心

既卒、第二新卒、未経験の若者の可能性を信じる企業を中心に紹介してくれるため、経験や資格などの書類選考のステップがありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業、「経験よりも人物に魅力を感じたい」「一から育てることでその可能性を大きく伸ばしたい」という想いの企業が集まっています。

経験の少なさから書類選考で落とされることがなく、成功率が大幅にアップします。

③一人一人とじっくり向き合い個別対策でしっかりサポート

それぞれの事情としっかり向き合い、その人にあった職場を紹介してくれます。

営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あり、経験の少ない若手に対してもベストマッチングを提供できます。

集団面接では自己PRが苦手な人も安心。面接対策から面接設定、入社日の調整もフォロー!

「就職Shop」に相談してみるならコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

在宅ワークで働きたい!自宅でできる仕事で収入を得よう!

新型コロナウイルスによる中途採用・転職への影響は?

新卒2年目で仕事を辞めたい…失敗しない転職のためにやるべきこと

働きながら転職活動は難しい?辞めてからではなく転職するコツ、やり方をご紹介

3年以内の転職は不利?「とりあえず3年勤めてから転職」はもう古い!?

ブラック企業なんて辞めれば?ができない理由