アパレル業界を辞めたい!異業種への転職の注意点とポイント

華やかそうに見えるアパレル業界ですが、実際にその業界で働く人たちには様々な悩みがあるようです。

好きで入る人が多い業界ではありますが、実際に働いてみると様々な苦労があり、働いている人でもやめたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

憧れから入った業界だったとしても、現実的に長く働けるかどうかは別問題です。

好きだからと残って、自分の生活が立ちいかなくなるのであれば、それは自分の好きなことだったとしても、物事との付き合い方としては正しい形とは言えません。

今回はそんなアパレル業界から異業種へ転職するポイントについてまとめました。

アパレル業界を辞めたい理由

給料が安い

アパレル業界は他の業種と比較しても給料が安い傾向にあります。

また、長年働いていたとしても、なかなか給料が上がりづらい業界です。

もちろん役職次第ではありますが、一般的な販売員レベルでは年収300万を切るケースも少なくありませんので、大卒の一般的な初任給よりも下回るような給料で働かなければなりません。

土日の休みがない

アパレル業界の中でも販売員のピークは土日であり、基本的には土日休みは難しいです。

それどころか、GW・年末年始といった大型連休の時には特に休みづらく、家族や友人といった周囲の人との接点が取りづらくなります。

また、アパレル業界は人手不足のため、休みが少ないのが現状です。

祝日も販売員は関係ありません。結果的に年間休日が他の業種と比較して数十日以上少ないということも珍しくありません。

ノルマがある

各店舗の販売員にはノルマが課せられていることがあります。

また、そのノルマが達成出来ない時には自腹で服を買わせられたりというペナルティも課されます。

元々そのブランドが好きで働いている、とは言っても毎回少ない給与の中で買わせられるのであればたまったものではありません。

厳しい売り上げノルマは、精神的にもかなりきついものがあります。

商品が売れない

アパレルの客の多くは他のサービス業と比較して、商品を買わずに帰る客が多くいます。

しかしながら、例えその人に買う気が無かったとしても、無下に扱うことは出来ません。

冷やかしのようにただ店に寄っては買いもしないで帰る客にも同じように笑顔を振りまかなければなりません。

いくら接客業が好きだったとしても、毎回その状況が続けばなんとなく虚しい気持ちになっても無理はありません。

立ち仕事で体力的にきつい

アパレルの仕事は基本的には立ち仕事なので、体力的にはかなり厳しい仕事です。

慣れてくれば多少は良いかもしれませんが、立ったり座ったりという動きも多く、足腰を悪くする人も多くいます。

若い内は良いですが、年齢を重ねていくと徐々にそういった体力面でも厳しいものになっていくでしょう。

アパレル業界から異業種への転職のコツ

上記に挙げたように、アパレル業界の就労環境はかなり厳しいものです。

販売員から販売員への転職も、会社の規模によって多少の違いはあるかもしれませんが、基本的には同じようなものです。

転職を考えるのであれば、思い切って他業種への転職をオススメします。

以下にアパレル業界からの転職のコツを記載しますので、参考にしてみて下さい。

業界の情報収集をしっかり行うこと

転職をする際には、必ずしっかりと業界研究を行いましょう。

闇雲に勢いだけで転職に臨んでも、良い会社に巡り会える可能性は低いです。

アパレル業界は特殊な業界なだけに、他の業界の状況が普段の仕事の中では見えづらいため、その点を意識し、研究には十分な時間を割くようにして下さい。

調べたことがそのまま面接でも使えますので、しっかりと調べて知識を蓄えましょう。

オフィススキルを身に付ける

他業種への転職の場合、多くの場合はこれまでの働き方とは全く異なるものとなります。

これまでは主に接客、役職によっては発注やシフト管理などあったかもしれませんが、事業会社で働く場合には、オフィスで働くためのスキルが必要となってきます。

アパレル業界の中には、これまで全くと言って良いほどパソコンを使ったことがないという人もいるかもしれません。

そういった人が転職を考えるのであれば、少しでも早くからパソコンの使い方に慣れるなど、スキル獲得への努力を始めることをおすすめします。

万が一そういったスキルがなく入れたとしても、入社後に必ず苦労しますし、しっかりとそうした努力が出来ていれば、入社面接でもアピールができますので、パソコンのスキルに限らず自分磨きを進めて行きましょう。

転職エージェントを使う

アパレル業界からの転職は厳しいものかもしれませんが、実際に転職を成功させている人は多くいます。

転職を考えた時には、まずは転職エージェントへ相談しましょう。

転職エージェントは上記に記載したような企業研究にも非常に役立ちますし、一般には出回らない非公開案件を紹介してくれるケースもあります。

また、転職サポートも手厚く、特に初めての転職であればどのように進めれば良いのかなど不安もかなり軽減することが出来るはずです。

アパレルの仕事は忙しいため、自分一人では求人情報を集めたり、企業研究をするのも一苦労です。

転職エージェントは、カウンセリングから求人紹介、履歴書作成、面接対策、年収交渉までトータルでサポートをしてくれるため、効率的にすすめることができます。

転職エージェントを利用すべき理由

アパレル業界から転職したいけれど、「自分にどんな仕事があるのか?」「アパレル業界以外の仕事ができるのか?」と不安に思う方は、多いのではないでしょうか?

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

アパレル業界から異業種への転職は、仕事内容や給料、職場環境など不安に感じることも多いのではないでしょうか?

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

アパレル業界から実際に転職を成功させている人は多くいますので、そのノウハウを聞くだけでも非常に参考になるでしょう。

転職エージェントに相談したからと言って必ず転職しなくても、ひとまず登録して情報を集めるだけでも大丈夫です。

転職を考えているのであれば、「仕事を辞める前に」まずは転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 企業が求めているのはどんな人材か(今の転職市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか?

アパレル業界からの転職におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒アパレル業界からの転職におすすめの転職エージェント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

調理師を辞めたい!異業種のおすすめの転職先は?

塾講師がツライ…塾講師から転職するのにおすすめの業種は?

百貨店の販売員を辞めたい!おすすめの転職先は?

工場を辞めたい!おすすめの転職先は?

接客業を辞めたい!接客業からの転職におすすめの仕事は?

飲食店を辞めたい人へ!すぐ辞めるべき理由と転職で気をつけるべきこと