工場を辞めたい!おすすめの転職先は?

工場の仕事は外から見えづらい分、中で働いている人以外は状況が分かりにくい部分があります。

イメージとしては、連休もしっかり取れて、年末年始も早めに休みに入っていたり、ボーナスも金額の多寡はあれどしっかりと支給されているように見えますが、会社によっては厳しい労働環境も少なくありません。

高校を働いてからすぐに働いている人もいる業界ですので、長年働く中で辞めたいと思う瞬間は何度もあることでしょう。

今回は、工場で働く人の転職について考えたいと思います。

工場を辞めたい理由

やりがいがない

工場の仕事と一口で言っても色々とありますが、多くは製造ラインの中に身を置いて製品の組み立てだったり、点検をやるということ仕事内容です。

機械の操作など、最初は覚えることも多いかと思いますが、一方で慣れてしまうと変わり映えの無い仕事とも言えるでしょう。

日々同じルーティーンの仕事をし続けることは楽かもしれませんが、一方でやりがいを見つけづらいという側面もあります。

また環境によりますが、仕事の中で人とコミュニケーションを取りながら進める場面は比較的少ないので、人との会話が好きな人にとっては寂しさを感じるところもあるでしょう。

夜勤がつらい

工場の多くは夜勤ありの交替制です。

夜勤がある場合は生活リズムが作りづらく、体にも負担がかかりますので、体力的にも厳しい部分があります。

若い時は良いですが、年齢を重ねていく毎に体力も衰えていきますし、家族が出来た時には生活上のすれ違いも出てきます。

給料が安い

一般的に工場勤務の仕事は給料が安いところが多いです。

初任給はそこまでではありませんが、給与が上がりづらいというデメリットがあります。

もちろん、役職が上がっていけばそれに伴って昇給もありますが、工場で勤務している多くの人と比較して、工場内の役職者数は限られていますので、そこに食い込むのは狭き門であると言えるでしょう。

総じて、他の仕事と比べて平均給与は低くなってしまいます。

工場からの転職におすすめの転職先は?

営業職

製造ラインで仕事をしている人は、その分その商品の特性などをよく理解しています。

営業職として製品の説明を求められた場合、製造に携わっていた経験を活かして、他の営業マンよりもしっかりとした説明が出来ることでしょう。

また、営業職はよく製造の現場と仲が悪いというようなことを言いますが、もともと製造の現場にいた人であれば、現場は現場のつらさがあることも知っていますので、そういう意味でも橋渡し的な存在になれるでしょう。

製品企画・業務企画

新しく製品を作る時には現場の感覚が欠かせません。

長年現場で見て触って学んできたことは、新しい製品を作る時にも必ず活きてくるものです。

また、同時に製品化する際の製造ラインへの効率化提案などにも良い提案が出来るでしょう。

内部への業務説明なども、現場のことを知っていれば実情と合わせて現実的な内容で出来ますので、これまでの経験を昇華して活かすことができる職種だと考えられます。

海外拠点への技術指導

日本の製造技術は海外から高く評価されており、様々な技術者が海外の現場への指導へ派遣されています。

海外ということで尻込みをする部分もあるかもしれませんが、技術的なことは言語が多少拙くても見せて覚えさせるということもできますし、海外赴任時の生活面でのサポートも手厚く受けられます。

発展途上国への派遣であれば物価も安いため、予想以上に高い水準の生活が出来ることも珍しい話ではありません。

工場からの転職で気をつけること

早く行動すること

工場の仕事からの転職の場合は、その経験が特殊なため、基本的には他の職種で活かせることは少ないと言えます。

そのため、中途採用での他業種への転職は、基本的にはポテンシャル採用ということになります。

ポテンシャル採用の場合は若さも大きな武器となりますので、未経験業種へ転職する場合には、出来る限り早い決断をすることをおすすめします。

また、年齢が若かったとしてもなかなか内定を受けることが出来ない場合もありますので、転職活動は在職中からコツコツと進めておく必要があります。

辞める理由をしっかり考える

製造業を辞める前に、辞める理由を考えましょう。

夜勤が辞めたい理由なのに、結局夜勤の可能性がある仕事に転職しても意味がありません。

辞める理由は様々あると思いますが、その中でも特にどのような点が我慢できないとか、自分の中で何がネックになっているのかを明らかにしておくことで、転職の成功率は大きく変わります。

何が許容できて何ができないのかをリスト化しておいたり、ランク付けしておいたりすると、転職先の候補を探す時にも良い指標となります。

最低限のスキルは身に付けておくこと

転職の際に、最低限パソコンを扱えるスキルは身に付けておく事をおすすめします。

タイピングなどが出来ないと入ってから苦労しますので、採用された後のことも考えて準備は進めていきましょう。

工場の中でも管理の仕事などある程度経験のある人は問題ないかと思いますが、全く触ったこともないという人は、オンライン上でも無料で練習できるタイピングツールなどありますので、事前に練習しておきましょう。

工場からの転職には転職エージェントを利用すべき

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日などを企業側と調整してもらえる

工場勤務から異業種への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など一般企業への転職に不安に感じることも多いのではないでしょうか?

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

工場から会社員など未経験職種への転職を実際に成功させている人は多くいますので、そのノウハウを聞くだけでも非常に参考になるでしょう。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるだけでも非常に参考になるはずです。

「工場を辞めたい」という考えが浮かんだら、「仕事を辞める前に」在職中にまずは転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 求人情報や企業の詳しい内部情報(企業が求めているもの)
  • 書類選考や面接のポイント(内定をもらうコツ)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか?

工場から異業種への転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒工場からの転職におすすめの転職エージェント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

看護師の仕事が辛い、辞めたい…おすすめの転職先は?

ウェディングプランナーを辞めたい!おすすめの転職先は?

ドラッグストア正社員を辞めたい!おすすめの転職先は?

公務員を辞めたい!公務員から異業種への転職におすすめは?

商社が激務で辞めたい!おすすめの転職先は?

ノルマがきつい!営業職を辞めたい人へのおすすめの転職先は?