美容師を辞めたい!美容師からおすすめの転職先は?

美容師という仕事は一見すると華やかな仕事に見えますが、過酷な労働条件や悩みの多い仕事でもあります。

辞めたいと思う人や、転職の必要性を感じている人は意外と多いかもしれません。

一方で、憧れて美容師になる人が多い職業でもあるため、なかなか美容師という職を捨て切れずにいる人も多いでしょう。

今回は、そんな美容師を辞めたいという人に向けて書いた記事となります。

美容師を辞めたい理由

給料が安い

日本の美容師の給料は非常に低いと言われています。

アシスタントの時はもちろんのこと、スタイリストになってもそれほど待遇がいいとは言えません。

技術職であるにも関わらず、給与水準は一般企業よりも少なく、また給料も上がりづらい厳しい環境です。

技術を磨いて独立するという志向が強い職業である分、独立志向の無い人にとっては、いつまでも低賃金で働かなければならない可能性が高い仕事です。

接客が大変

髪を切っている最中も客と話し続けなければならない美容師は、技術職でありながら同時に接客業のようなものでもあります。

同時に二つの仕事をこなしているようなもので、どちらも切り離すことは出来ません。

初対面の人と話すことも多い仕事なので、美容師の仕事自体は好きなことだったとしても、そういった環境になかなか慣れない人にとってはつらい仕事です。

立ち仕事がきつい

美容師の仕事は立ち仕事です。勤務時間中に座っているということは、基本的にはあまりないでしょう。

また、シャンプーをしたりなど屈むことも多いので、足や腰に負担がかかることが多く体力的に厳しい仕事です。

若い内は問題ないでしょうが、年齢を重ねていくと長時間の仕事は徐々に厳しくなっていきます。

長く続けられる仕事ではない

基本的にはお客さんから格好良い、センスが良いというイメージを持ってもらうことも必要で、それを維持するのも大変なことです。

また、ケガや病気になってしまったら全く仕事もできなくなってしまいますので、将来への不安が常につきまとう仕事です。

美容師からの転職におすすめの転職先は?

スタイリスト

美容師からの転職先としてまず思い付くのはスタイリストではないでしょうか?

これまで積んできた経験がほぼそのまま活きる仕事ですが、美容師とは違いフリーランスとしての活躍の場も広がりますし、働き方の自由度は高まる仕事だと言えます。

美容業界への営業職

自分が美容業界にいたということを活かし、対美容業界への営業職は相性が良いでしょう。

特に美容院向けの薬剤等の販売であれば、何をアピールされれば興味を持つのかという勘所が分かっていますので他の営業職よりも効率的に商品を売ることが可能です。

接客業

前述した通り、美容師の仕事は接客業のような側面を持っています。

それこそがネックで美容師を辞めたいと思っているのであれば別ですが、通常は高いコミュニケーションスキルを備えていると考えられるので、接客の仕事であれば比較的すんなりと馴染むことができるでしょう。

例を挙げるとすれば、美容という共通テーマから、エステ・マッサージ等の美容関連の仕事を選ぶ元美容師の方も多いようです。

お客様をキレイにするという本質は同じですので、同じ心構えで仕事をすることが出来るでしょう。

また、ファッションにも興味がある人は多いでしょうから、ショップ店員も趣味嗜好に合った仕事です。

こうした接客を主とする仕事は、他の仕事よりもおすすめできる転職先です。

美容院からの転職で気をつけること

未経験業種への転職は年齢が重要

美容師の仕事は特殊な仕事であるが故に、その経験を次の仕事に活かしづらいことは確かです。

中途採用で重要視されるのは経験ですが、若ければ将来性も考慮に入れてくれます。

若さとやる気は未経験業種への転職の場合は大きな武器となりますので、将来に不安を覚え転職を考えている人は、決めたのであれば即行動に移していきましょう。

勉強してきた姿勢を見せる

これまでの仕事の中ではあまりパソコンを使った事務仕事などもやってこなかった人がほとんどだと思います。

一般企業で働くのであれば、少なくとも最低限の事務スキルは必要ですので、入社してから勉強すればいいなどと考えずに、美容師として在職中から少しずつ勉強を始めていきましょう。

そうした努力もしっかりとアピールポイントとしていくことが重要です。

在職中に転職活動を始める

美容師としての経験を他の仕事に活かしづらいということは事実ですので、希望の仕事に就くためには長期戦になることも覚悟した方が良いでしょう。

転職活動中に収入が途絶えてしまわぬよう、在職しながら転職活動をすることを強くおすすめします。

いざ転職が決まった際に、職場に退職を申し出てから引き留められてしまうことを危惧している人もいるかもしれませんが、無理な要望はきっぱり断れば良いだけの話です。

お世話になった職場に不義理を働けとは言いませんが、それで自分が不利益を被っては元も子もありません。

自分の要求を無理に抑え込むことの無いよう、伝えるべきことはしっかりと伝えていきましょう。

転職エージェントに相談しよう

美容師から転職する際は、転職エージェントなどのサポートをうまく使って転職活動を進めましょう。

転職エージェントは多数の求人案件を保有しているため、未経験者でも応募可能な求人なども情報共有してくれます。

また、カウンセリングなどその他の転職サポートも手厚いので、是非活用していきましょう。

美容師からの転職は確かに難しいものかもしれませんが、転職を成功させている人たちも多数います。しっかりと対策を練って行動していきましょう!

⇒美容師からの転職におすすめの転職エージェント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公務員を辞めたい!公務員から異業種への転職におすすめは?

アパレル業界を辞めたい!異業種への転職の注意点とポイント

保険営業からの転職先は?転職で気を付けること

商社が激務で辞めたい!おすすめの転職先は?

SEを辞めたい!異業種へ転職する3つのポイント

飲食店を辞めたい人へ!すぐ辞めるべき理由と転職で気をつけるべきこと