働きながら転職活動は難しい?辞めてからではなく転職するコツ、やり方をご紹介

転職活動をする場合、「働きながらやるか」「辞めてからやるか」の2種類があると思います。

それぞれメリット・デメリットがありますが、結論から言えば基本的には「在職中に働きながら転職活動をする」ことをお勧めしています。

ただし、その時の状況にもよると思いますので、どちらが良いかしっかり判断して進めていけるといいですね。

働きながらの転職活動のメリット・デメリット

働きながら転職活動をするメリット

収入が途絶えない

働きながら転職活動をやる一番のメリットと言えば、やはり安定して収入を得続けながら転職活動ができることでしょう。

転職活動をしていようがしていなかろうが、生活のための出費は必ず必要です。

転職活動が思いの外長期化した場合であっても、働き続けながらであれば生活自体は問題なく続けていくことが出来るでしょう。

落ちて着いて転職活動ができる

辞めてからの転職活動では収入の面からも早々に次の職場を探さなければなりませんが、働きながらやる就職活動であれば、自分に本当に合う仕事などをじっくりと吟味することができます。

もし自分が求めているような求人が出回っていないのであれば、それが出るまで待つことも出来ます。

結果として失敗の少ない転職活動になる確率は高いでしょう。

転職先が決まらなくても焦らなくて済む

上手くいけばサクサクと進む転職活動ですが、実際スムーズに転職先が決まるというケースは多くありません。

また、面接に臨んでもなかなか面接通過が出来ないことも多いでしょう。

そんな場合でも、働きながら転職活動を行っていれば、面接でうまくいかなくても焦らずに済みます。

また、なかなか採用されないという理由に自分の経験値が挙がるのであれば、「今の仕事でもう少し実力をつけてから」とスキルアップをするための土俵もありますので、冷静に転職活動をすることが可能です。

働きながら転職活動するデメリット

仕事があるので転職活動に集中し切れない

転職活動はかなり時間がかかるものですが、仕事もあればそれにばかり集中しているわけにはいきません。

辞めてから転職活動する場合と比較すれば、働きながらの転職活動は歩みが鈍化するのはやむを得ないでしょう。

周りにバレないかという不安

働きながらの転職活動では、自分が転職活動をしていることが周りに知られないよう常に不安を感じなければなりません。

例えバレたからといって、敵意を向けられるようなケースは少ないかと思いますが、何となく同僚との間が余所余所しくなるようなことは十二分にあり得ます。

スピード重視の求人には不向き

突然の社員の退職等により、突如急募として現れる仕事があった場合、働きながらの転職活動では面接の日程調整や、即時の入社希望に対して応えづらいため、そもそもこういった求人には応募することが難しいでしょう。

非常に条件の良い求人だったとしても、なくなく諦めるというケースもやむをえません。

仕事を辞めてから転職活動するメリット・デメリット

仕事を辞めてから転職活動する メリット

転職活動がしやすい

辞めてからの転職であれば、転職活動に100%集中して自分の生活をコントロールすることが出来るので、質の高い転職活動がしやすくなります。

また、時間があるため転職先をよく下調べしたり、面接への対策に十分な時間を割くことも可能です。

急募系の案件にもすぐエントリー出来る

自分の時間を全て転職活動に充てることが出来るので、急な面接への呼び出し等があったとしてもすぐに対応することが出来ます。

特に、急募系の案件だと、非常にタイトなスケジュールの中で選考過程を全て終わらせなければならず、在職中の方にとっては応募しづらいため、ここについてはむしろアドバンテージを取ることが出来ます。

人目を気にする必要がない

在職中の転職活動であれば、同僚の目も気にしつつ転職活動をしなければなりませんが、既に辞めているのであればこういったことに気をもむ必要はありません。

心配性な人は特にこうしたことに気を取られがちですので、こうしたことが無いだけで転職活動への集中力も変わってきます。

仕事を辞めてから転職活動する デメリット

収入が無い経済的不安

すぐに転職先が決まればいいですが、すぐに決まらなかった場合には、減っていく貯金に不安を覚えることもあるでしょう。

雇用保険があるといっても、自己都合退職の場合は退職後3ヶ月後からなど制約もあります。

また、これも在職中の給与と比較すれば目減りしますので、貯金が十分にある場合ならまだいいですが、基本的に生活は苦しいものになるでしょう。

時間が経てば経つほど不利になる

上記のような収入への不安が無かったとしても、時が経てば徐々にその状況は逼迫してくるのは明白です。

また、転職に関して、一般的には職歴の穴が大きくなればなるほど履歴書の見た目が悪くなっていくため、転職活動が長期に亘ってしまった場合は、徐々に職歴の部分でも不利が生まれていきます。

仕事を選んでいる余裕がない

上記のように、長期には不向きであることから、辞めてからの転職活動は短期決戦で臨む必要があります。

ただし、求人は人が必要になってから初めて発生するものであり、タイミングが重要です。

長期にわたった場合のデメリットが大きいため、その時節を待っているということがしづらくなります。


どちらもメリット・デメリットがありますが、今の職場もそれほど悪いということでなければ、基本的には働きながらの転職活動をおすすめします。

 

いずれの場合であっても、効率的に転職活動を進めるために、転職エージェントの利用は必須です。

求人も自分だけで進めるよりも遥かに豊富な索引から紹介してくれますし、面接対策などのサポートもしっかりしてくれます。

働きながらの転職であれば、現職との兼ね合いから面接の日程調整なども結構手間がかかりますが、そうした日程調整もエージェントがうまく調整してくれます。

是非とも利用して、効率的な転職活動を進めて下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

在宅ワークで働きたい!自宅でできる仕事で収入を得よう!

入社半年だけど仕事を辞めたい!成功するための転職理由は?

転職回数の平均は?転職回数が多い人の転職は履歴書、志望動機がポイント?

「他人に迷惑をかけてはいけないから仕事を辞められない」の考えは危険

仕事を辞めたいけど辞められない・・・辞めるタイミングの見極め方

新卒2年目で仕事を辞めたい…失敗しない転職のためにやるべきこと