新卒2年目で仕事を辞めたい…失敗しない転職のためにやるべきこと

「まだ入社して2年目なのに会社を辞めたい」「2年目で仕事辞めるなんて早いかな?」など社会人2年目で会社を辞めることに悩む人も多いかと思います。

以前は「入社後は3年間会社を辞めてはいけない」との風潮がありました。

しかし、最近は入社後3年以内でも退職する人が増えてきており、「第二新卒」と呼ばれ新卒2年目でも転職しやすい環境が整っています。

実際に中小企業以外にも、大企業が積極的に第二新卒を積極的に採用していることもあり、近頃は3年以内だからと言って必ずしも不利にはなるとは限りません。

第二新卒はなぜ需要がある?

第二新卒は短いながらも正社員としての勤務経験があります。この点が新卒との大きな違いです。

新入社員として勤務した経験がある場合、ビジネスマナーが身についているため、新卒を採用して一から教育するのにかかるコストが削減できます。

また、「勤務経験が短いので前の会社の仕事のやり方や社風などに染まっていない」「30代の中途採用を雇うより給料が抑えられる」という企業側のメリットがあります。

新卒の就職活動はここ最近売り手市場で、企業は採用したくても新卒を採用できない状況が続いています。

新卒を採用できなかった分、第二新卒で補充しようと考える企業は多いのです。

辞めたいと思ったらやってみること

働いているといろいろなことがあるので、会社を辞めたいと思うことも出てくるでしょう。

ただ一時的な感情で安易に辞めるのはおすすめしません。

ストレスで体調に異変があるなど心身ともに病んでいる場合は別ですが、「辞めたい」と思ったまず次のことをしてみてください。

  • なぜ辞めたいのか理由を考える
  • 在職中に転職活動をする

辞めたい理由を考える

多くの人が会社を辞めたいと思う理由として次のようなことがあります。

  • 仕事が合わない
  • 給料が低い/上がらない
  • 上司と合わない
  • 社風が合わない
  • パワハラ
  • 残業が多く忙しすぎる

あなたが辞めたい理由はなんでしょうか?

「なぜ辞めたい理由を考える必要があるのか」というと

  • 次の会社選びに活かす
  • 転職する必要があるかどうかを判断する
  • 気持ちを整理する

などのことを行うためです。

頭で考えるだけでなく、辞めたい理由を紙に書き出してみるとより把握しやすくなります。

辞めたい理由を整理してみた時に、その原因が辞めなくても解決できる場合もあります。

例えば…

【辞めたい理由】残業が多くプライベートな時間が取れない
【どうしたいか】定時に帰って仕事以外のこともしたい
【解決方法はあるか?】定時で帰れる部署もあるため、異動できれば解決する
【転職の必要は?】異動が無理なら転職する

辞めたい理由が解消できるのであれば同じ会社で働けるに越したことはありません。

安易に転職しない方がいい理由としては、

  • 築いた人間関係がもったいないから
  • 勤務年数が長い方が退職金が多くなるから
  • 転職活動にかかる労力がもったいないから

ですので、部署の移動などで「辞めたい」問題を解決できるのであれば、上司に相談してみるのも一つです。

辞めたい理由を次の職場選びに活かす

新卒で入社した時には、希望を持ち前向きな気持ちだったはずです。

それが実際に働き1年経過してみると、辞めたいと考えるようになったわけですよね。

たとえば、仮に転職したとしても新しい職場でまた同じように辞めたくなってしまうかもしれません。

同じことで転職を繰り返すことを防ぐためにも

  • 今の会社の何が嫌なのか
  • どういった職場なら頑張れるのか

を把握しておくことで、次の職場選びで失敗する確率を大きく減らすことができます。

働きながら転職活動をする

辞めたい理由が明確になり、「今の職場では解決できそうにない」と思ったら、在職中に転職活動を始めましょう。

働きながら転職活動をするメリットは

  • 毎月お給料が入るので経済的にゆとりがあり焦らなくていい
  • 今の職場と比較しながら転職活動ができる
  • 転職しないという選択肢がある

などがあります。

毎月お給料が入るので経済的にゆとりがある

会社を辞めてから転職活動をした場合、経済的に苦しくなる可能性があります。

たくさんの貯金があればいいですが、経済的に追いつめられてくると「もうどこでもいいや」と焦って転職を決めてしまい、今の環境より悪くなってしまうこともあります。

毎月決まった収入があるということは、経済的にも精神的にもゆとりができるものです。

「辞めてやる!」と思ってももう少しの辛抱と我慢して、転職先が決まってから退職を伝えるようにしましょう。

今の職場と比較しながら転職活動ができる

転職サイトや転職エージェントに登録すると、求人のオファーメールが送られてきます。

求人情報を見てみると、今の会社より条件が悪い会社しか選べない可能性もあります。

また、転職エージェントのキャリアコンサルタントに他社の状況を聞いてみると、今の職場が意外と恵まれていたことに気づくこともあります。

働きながらの転職活動であれば、転職するのをやめて今の会社を続けることもできるので、慌てて退職せず在職中に転職活動を始めることをおすすめします。

実際、多くの人が働きながら転職活動を行い、内定が出てから今の会社に退職を伝えています。

転職活動は一人でやってはいけない

新卒2年目での転職では、やはりデメリットもあります。

企業の採用担当者の中には

  • 忍耐力がないのではないか
  • またすぐに辞めるのではないか

と思う人も少なからずいます。

そういった採用担当者に欲しい人材と思ってもらえるようアピールするには

  • 会社が求めている人材を把握する
  • 採用担当者が納得できる退職理由や志望動機を作る

こういったことが必要であり、これをひとりで行うのはとても大変です。

そのため新卒2年目で転職活動をする場合には、転職エージェントを利用することをおすすめします。

また転職エージェントは

  • 第二新卒の転職動向について詳しい
  • 企業の人事担当者と直接話をしており、企業が求める人材を把握している
  • 自己分析、志望動機のサポートをしてくれる
  • 面接対策や模擬面接を行ってくれる

といったメリットがあり、こういったサービスをすべて無料で利用することができますので、利用しないのはもったいないです。

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の場合、スキルや経験を求められる求人には応募が難しいため、求人数に限りがあるというデメリットがあります。

そのデメリットをカバーするためには

  • 求人数の多い転職エージェントを選ぶこと
  • 複数(2~3社)の転職エージェントに登録すること

により、多くの求人を紹介してもらい、希望にあった求人を探すことが可能になります。

「転職するかどうかわからず迷っている」状態の方でも丁寧に相談にのってくれますので、悩んでいるのであればぜひ一度相談してみるのをおすすめします。

自分では気付けない視点やアドバイスをもらえるはずです。

※どの転職エージェントもいつでも退会できますのでご心配なく。

第二新卒におすすめの転職エージェントをまとめていますので、よければ参考にしてみてください。

⇒第二新卒の転職におすすめの転職エージェント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事を辞めたいけど辞められない・・・辞めるタイミングの見極め方

ブラック企業なんて辞めれば?ができない理由

在宅ワークで働きたい!自宅でできる仕事で収入を得よう!

新型コロナウイルスによる中途採用・転職への影響は?

「他人に迷惑をかけてはいけないから仕事を辞められない」の考えは危険

転職回数の平均は?転職回数が多い人の転職は履歴書、志望動機がポイント?