会社に行くのが怖い、行けない…原因と不安を減らす対処法

会社に行くのが怖いと感じたことはありますか?

上司にいつも怒鳴られていて怖い、ミスをしたせいで周りから冷たい目で見られて怖いなど、考えられる理由はいくつもありますが、仕事があるのでそんな気持ちを堪えて会社には行かなくてはありません。

ただ、そんな気持ちのまま会社に行くのはつらいですよね。

一時的なものであれば、いずれは終わるものとその状況を堪えることも出来るかもしれません。

ですが、慢性的にそれが続くというのは終わりも見えず苦しいものです。

いずれ心身に影響を及ぼしてしまうようなことになる前に、何か手を打たなくてはなりません。

どうして会社に行くのが怖いのか?

会社に行くのが怖いという人は、まずはその原因を考えてみましょう。

冷静にその状況を捉えてみれば、何らかの対処が出来るかもしれません。以下は会社に行くのが怖くなる代表的な理由の一部です。

職場の上司が怖い

上司が怖いというのは、会社が怖く感じる理由の代表的なひとつかもしれません。

上司の目が気になって、何をやるにもビクビクしたりと、そんな状態であれば息が詰まって行きたくなくなるのもやむを得ないでしょう。

怒りたくて怒っている上司というのはほぼいないとは思いますが、自分が統括する仕事がうまく行っていない時など、どうしても苛立ちが隠せない時もあるかもしれません。

きっかけはどうあれ、一旦怒っているというイメージが付いてしまうと、そのイメージは自分の中に強く根付いてしまうものです。

あなたには「上司が常に怒っている、不機嫌だ」という印象が残り、結果として上司=怖いというイメージがついてしまっているのかもしれません。

人間関係が悪い

仕事をする中で、チームワークは非常に重要なものです。

職場の人間関係が悪い場合、こうしたチームワークにも影響してしまうのは明らかで、そんな状態の中では仕事もやりづらいのは当然のことです。

組織としては良い状態では決してありません。

お互いがお互いの足を引っ張るような状況では、気持ちよく仕事も出来ませんし、会社に行きたくなくなる気持ちも無理のないことかもしれません。

仕事内容が合わない

「人前に立つのが嫌な人が大勢の前でプレゼンをする」、「押し売りが苦手な人が飛び込み型のセールスを担当する」など、あなたに向いていない仕事を任されていることがあります。

やってみなければ分かりませんし、あなたの成長のためには必要なことという場合もあります。

しかし、しばらく堪えてみても依然として苦痛ということであれば、それはあなたの適正に合っていない仕事なのかもしれません。

早々と見切りをつけてしまうのは、自分自身の可能性を狭めることにもなりかねず早計となるかもしれませんが、本当にこの仕事はやりたくないと心の底から思うのであれば、その仕事に留まることを考え直した方が良いかもしれません。

会社に行くのが怖い時の対処法

解決できる問題なのか考える

それが解決出来そうな問題であれば、我慢を続けるよりも、その状況の解消に向かう方が健康的です。

上記の例であれば、上司が怖いのであれば上司と打ち解けるよう努力する、人間関係が悪いのであれば、それを解消するよう上司に提言するなど、何かしらの行動を起こしましょう。

上司も人ですので、怒ることばかりではありません。もしかしたら、ただ接し方が分からずついついそうした態度になっているという人もいます。

私の経験でも、周りに怖いと言われている上司がいましたが、実は子供の話になると笑顔で話してくれるという普段とは違った顔を見せてくれました。

そうした一面を見るといつもしかめっ面の上司も、その人の表情の一部にすぎないことが分かります。

これは一部の例ですが、特に人間関係については、人を知ることで改善されていく部分が多くあります。

これに限らず、自分が直面している問題が、自分の行動で解決できる問題かどうかをまずは考えてみましょう。

開き直る

会社の中にはあなた以外にも働いている人たちがたくさんいます。

そうした人たちは、どのように過ごしているでしょうか?

同じ状況にいるのに、何故その人たちからは職場を怖がっているような雰囲気が感じられないのでしょうか?

他の人たちも、あなたと同様に職場に対するストレスを抱えているはずです。

しかし、あなたほどはそのことに対して気を留めていないのでしょう。

あなたが必要以上に気にしているだけで、本当は大した問題ではないのかもしれません。

また、そうだったとしてもたかが仕事です。

あなたがミスをすれば、それを咎められることはあるかもしれませんが、何も命まで取られるようなことではありません。

かすり傷程度に思って開き直ってしまえば、「なんだこんなものか」と楽に考えられるようになるでしょう。

転職で環境を変える

どれも難しそうなら転職を視野に入れて下さい。

会社を怖いと思いつつも毎朝通い、働き続けていてはいつか「うつ病」など精神に支障をきたす恐れもあります。

そうなってからでは遅いですので、転職という逃げ道を作っておくことも必要です。

転職をする場合には、転職サイトや転職エージェントを使うと良いでしょう。

在職中でも転職活動を効率よく進められますし、得られる情報量も自分一人で集めるより遥かに多くなりますので、転職初心者はもちろん、経験者でも同様に使うことをお勧めします。

転職活動を始めることで、他の会社で働くという選択肢が出来れば、その会社へ留まる必然性もなくなりますので、気持ちの面でも楽になるかもしれません。

「会社に行くのが怖い」という感情はあなたの心が悲鳴をあげているのかもしれません。

素直に耳を傾けて怖いという気持ちを受け入れて、一歩踏み出してみませんか?

おすすめの転職エージェントをまとめていますので、参考になれば幸いです。

⇒おすすめの転職エージェントはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社がつらい・・・仕事中に涙が出てくる、泣いてしまうという方へ

仕事辞めたい…働く理由、生きている意味がわからなかった私の体験談

蕁麻疹が出るのは仕事のストレスかも…アレルギー以外の原因

うつ病の初期症状とストレスの関係、仕事や人間関係など身近な原因

適応障害で会社に行けない、仕事が続けられない…甘えやうつ病との違い

夜眠れない、不眠・・・仕事のストレスが原因の睡眠障害について