転職に失敗する人の特徴!成功する人がやっている共通点とは?

転職を失敗に感じる理由は人それぞれ色々とあると思いますが、皆さんの周りには複数回転職して、何度も「失敗した!」と言っているような人はいませんか?

結局働いてみないと分からない部分はもちろんありますが、極力そうした結果を減らす方法はあると思います。

今回は、転職に失敗しがちな人の特徴を考えてみました。

転職に失敗する人の特徴

憧れで転職してしまう

「この職場でこんなことをして、こんな風にキャリアを積んで、、、」と予想するのは良いですが、現実はそこまでスムーズには行かないものです。

転職している前に想像しているような働き方は、なかなか遠い道のりかもしれません。

根気を持ってやるつもりでなければ到達せずに「こんなはずじゃなかった」というような結果に終わることも少なくないでしょう。

憧れだけで転職してしまった場合は、こうした理想と現実のギャップによりまたすぐに転職という道を選んでしまうかもしれません。

自分の能力を過大評価している

前職では評価も高く、自分は能力が高いと自負していたとしても、新しい環境になればその力を発揮できるかどうかは分かりません。

自分の力を発揮できていたのはあくまで前職の環境でのことなので、その支えがなくなることで脆くもその状態が崩れることもあります。

もともとは評価されていたとしても、新しい場所では新人になったつもりで、一から出直すという覚悟を持つことも必要です。

やりたいことが明確になっていない

待遇やその他の条件が良いからというだけで働いている場合、仕事内容とのギャップに悩むこともあります。

仕事をする理由が「お金を稼ぐためだけ」というのも寂しいものです。

仕事の時間はあなたの生活の中でも最も時間を割くものの一つです。やりたくもない仕事はできればしたくないですよね。

自分が興味をもてる仕事や、将来に役立つ仕事など、自分のやりたいことを明確にしてから転職活動をして行きましょう。

応募企業が少ない

転職活動は体力が必要です。面接を受けるだけでも1社あたり2回は少なくともありますし、しっかりと対策をするのであれば準備の時間もかかります。

ただし、これを面倒だと感じてあまり応募しないというのはおすすめしません。

自分で転職できる範囲を狭めることになってしまいます。

転職活動が大変だったとしても選択肢は大いに越したことはありません。興味のある会社・条件に合う会社にはとにかく積極的に応募していきましょう。

嫌なことから逃れるためだけの転職

「今働いている会社で嫌な想いをしているから辞める」というような後ろ向きな理由で退職することはあまりお勧めしません。

新しい職場で、結果的に同じような目に遭う可能性もあるからです。

会社が違えば環境も変わる可能性はありますが、それは根本的な解決にはなりません。

もちろん、今の状況に耐えられず肉体的にも精神的にも限界というのであれば、それ以上その場所に身を置くことは危険ですが、なぜそうした状況なのかを冷静に判断することも重要です。

理由が分からず、何をどう改善したら良いのか分からないままでは、敵の姿が分からないのと同じこと。

しっかりと自分が何を重要視するのかを見定め、それに見合う場所に転職するようにしましょう。

年収が上がると思い込んでいる

転職すると年収が上がるという、キャリアアップ的な転職を想像する人は少なくないかもしれませんが、これは一部の人だけだと思っていた方が良いでしょう。

むしろ、転職により一時的に年収が下がる人も少なくありません。

いきなり管理職ポジションになれるのであれば、前職の年収よりも高い金額を提示するところもあるかもしれません。

しかし、よくよく考えれば管理職のような重要なポジションはそもそも人数が限られていますし、人事運用がよく考えられている会社であれば、しっかりとそこに見合う人を育てているはずです。

にもかかわらず他社から急に入ってきた人にそのポジションを任せるということは、新規事業等で必要になった場合や、欠員により早急にその穴を埋めなければならなくなった場合などです。

いずれにせよ、かなり難易度の高い仕事になることは覚悟する必要があるでしょう。

情報収集が不十分

転職にあたり情報収拾をしないという人はいないと思いますが、その深さについては人それぞれです。

正直なところ、表面的なことしか見ていない人が多いのも事実で、会社やその仕事のことについてよく調べずに転職をし、失敗する人は後を絶ちません。

そもそも、これから何年も働いていこうという会社をよく調べずに応募するということは、かなり不安なことではないでしょうか?

忙しさにかまけてということもあるかもしれませんが、自分の将来のためですので、ここはしっかりと時間をかけて入念にやっていきましょう。

情報収集が不十分で転職に失敗する人の共通点は、一人で転職活動をしています。

自分で情報を集めるのはそう簡単ではありませんし、非公開情報などは集めようと思っても一般の人間には公開されていないため集められません。

こうした情報は、転職エージェントが保有しているので、必ず転職サイトなどプロに相談してください。

その他のアドバイスも充実していますので、効率的に転職活動をするためにも、転職サイトや転職エージェントは積極的に活用しましょう!

なぜ転職サイトを使うのか?

転職エージェントに相談すると次のようなサービスが受けられます。

  • 転職相談に乗ってもらえる
  • 一般には出回らない非公開求人に応募が可能
  • 膨大な量の求人の中から希望に沿った求人を紹介
  • 企業の雰囲気、リアルな情報を知れる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方をサポートしてくれる
  • 面接日程など求人先とのスケジュール調整をしてくれる
  • 面接対策のアドバイス
  • 給与条件や入社時期などの交渉をしてくれる

しかもこれらのサービスはすべて無料で利用できます。

つまり、転職サイトを活用した転職ができれば給料などの待遇面も違ってくるかもしれません。

転職サイトのキャリアアドバイザーは、求人先がどのような人材を求めているのか様々な情報を把握しています。

つまり、転職のプロに相談することで、成功する確率がグッと上がり転職を失敗しにくくなるのです。

転職サイトを使うことはメリットだらけだと思いませんか?

しかし、転職エージェントといっても、最近では会社もどんどん増えてきているので、一体どこの会社を選べばいいのか分からないという人も多いのではないかと思います。

そんな人にオススメするのが、マイナビエージェントの転職支援サービスです!

マイナビエージェントをおすすめする理由!

①日本最大級の転職エージェントで求人数が圧倒的に多い!

マイナビエージェントの求人数は、業界でもトップクラス。

他職種の求人を取り扱っているので、他の企業では扱っていない独自案件があるので転職の選択肢が広がります。

②キャリアアドバイザーのレベルが高い

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界の出身者が多く、専門性の高い知識と人事を知り尽くしたプロです。

各企業の書類選考や面接のノウハウを熟知した転職のプロが、応募書類の書き方、面接対策などをサポートしてもらえるので内定率がアップします!

③8割が非公開求人!

人気の高い求人や募集枠が少ない求人、極秘プロジェクトや事業戦略に関わる人材採用は、非公開求人となります。

これら非公開求人は、マイナビエージェントに登録した人にしか紹介されません。

非公開求人は一般的によい人材を求めている企業なので、条件交渉なども含めて、応募者とのマッチングをしっかり行ってくれます。

キャリアアドバイザーが給料交渉などもしてくれるので、条件の良い求人先に転職が可能となります。

マイナビエージェントは、「求職者のライバルが少なく、良い求人を親身なサポートで紹介してもらえる。」と利用者にも評判のいい転職サイトです。

自分の状況は冷静に判断できないことも多いものです。

まずは、キャリアアドバイザーに相談してみませんか?

今のあなたの状況を転職のプロの目で冷静に判断して、転職すればどのくらい給料がアップするか、どんな企業に転職できるかをアドバイスしてもらえます。

今の状況と比較してみて、今の環境が恵まれていればそのまま続ければいいですし、もっといい環境があれば具体的に話を聞いてみるなどの次の一歩が見えてくるはずです。

⇒マイナビエージェントに相談してみる!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20代の転職を成功させるには理由がある!未経験職種でもまだ間に合う!

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?

転職活動にかかる時間の平均は?在職中に働きながら転職活動するコツ

「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

40代の転職を成功させるには?未経験は?失敗しない転職は?