どうしても仕事に行きたくない…休む?辞める?うつになる前にできること

「仕事に行きたくない」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか?

むしろ、思ったことがない人の方が少ないかもしれません。

誰もがプロフェッショナルと認めるような人であっても、仕事に行きたくないと思うことはあるそうです。

重要なのはそんな気持ちをコントロールすること、今回は仕事に行きたくない時の対処法をまとめてみました。

仕事に行きたくないのは甘え?

仕事に行きたくないこと自体は甘えではありません。

冒頭でも言った通り、仕事に対して非常に勤勉に見える人だったとしても、仕事に行きたくないと思うことはあります。

みんな、そんな気持ちに折り合いをつけて、嫌々ながらも仕事に出掛けていたりするのです。

ですから、仕事に行きたくないと思うこと自体は普通のことです。

行きたくないという気持ちを認める

仕事に行きたくないという気持ちを無理に怠惰だと考える必要はありません。

仕事に行きたくない気持ちは誰にでも起こる気持ちですので、まずは自分を必要以上に追い込まないようにして下さい。

そんな思いを持つこと自体を恥として、自分の気持ちに蓋をしてしまっては、心と体の不調和をもたらしてしまいます。

真面目な人は特にそんな状況に陥りやすいですが、それ自体は認めて良い気持ちなのですから、それを不真面目だと思う必要はありません。

一過性のものであれば問題はありませんが、そんな気持ちがずっと続くようであれば何か手を打たなければなりません。

その状況は決して改善出来ないものではありませんので、変に考え込まずに気持ちを楽にもつようにしましょう。

「行きたくない」をコントロールする

「仕事に行きなくない」ことが普通なことだとは言え、普通に「仕事に行きたくありません」なんてことを上司に伝えたとしても「甘ったれてるんじゃない!!」と一蹴されることは目に見えています。

その上司でさえも、時には行きたくないという気持ちを押し殺して出社しているのかもしれません。

「行きたくないけど行く」というのは精神衛生上あまり良くありませんよね。

できるだけ前向きにそんな気持ちと向き合っていくことが重要です。行きたくない時の前向きな対処法を見て行きましょう。

仕事が行きたくないときの対処法

行きたくない理由を明確に捉える

仕事に行きたくない理由は人それぞれです。

例えば「仕事がつまらない」「会社内の人間関係や雰囲気が悪い」「ノルマに追われ上司からのプレッシャーがきつい」などなど。

「何が自分にとっては耐えがたいものなのか」それがはっきりしなければ対処も出来ません。

理由が明確になったら、次は分類をしてみましょう。

分類の仕方としては、「自分に原因があるものか」「あるいは会社自体に原因があるものか」といったように、自分で解決出来るものかどうかの別で分けていくと良いかと思います。

自分に原因がある場合

自分に原因があるようなものばかりであれば、それはもしかしたら甘えなのかもしれません。

同時に自分が変われば解決するので、解決しやすい問題でもあります。

まずは、解決が簡単なものから取り掛かって、仕事の中における自分の嫌なものを減らしていきましょう。

会社に原因がある場合

一方で、会社依存の問題はなかなか簡単には解決出来ません。

そんな時には「こんなところを改善してみたい」ということを上司に相談してみましょう。

上司も何となく気にはなっていたけれども、何か取り立てて問題が起きたわけでもないので行動を起こしていなかった、ということもあります。

全ての問題を解決することは難しいかもしれませんが、環境改善には繋がりますし、そうした前向きな気持ちで取り組むことで、行きたくないという気持ちも自然と和らぐ可能性があります。

共有できる仲間を作る

仕事に行きたくないと思っているのはあなただけではないかもしれません。

同じ環境で働いているだけに、同僚でもそう思っている人は案外多いものです。

そんな人たちを見付けて、一緒に励まし合うことも時には必要なのではないでしょうか?

「話す=放す」と言われるくらい誰かに思いを伝えるということは、気持ちを楽にする上でとても重要なことです。

嫌な気持ちは口に出すと楽になることが多いですので、行きたくないという気持ちを共有出来るような間柄の人を身近に作りましょう。

仕事に行きたくない時は休んでみる

仕事に行きたくないという気持ちがどうしても強くなる時もあるかもしれません。

そんな時は思い切って休んでしまってはどうでしょうか?

体調不良だということで1日ぐらい休んでも、そんなに咎められるようなものではありません。

むしろ1日も休めない会社であれば、その会社自体に問題がある可能性があります。

気分が優れないのであれば、思い切って休んで、翌日からまた頑張るという気持ちの切り替えも必要です。

今の環境を変える

仕事に行きたくないという気持ちがずっと続いたり、前述のように環境改善に努めたとしても変わらなかった場合には、転職という選択も視野に入れると良いでしょう。

転職というとハードルが高いかもしれませんが、転職エージェントにとりあえず登録してみるだけでも世界が広がるものです。

色々な情報を得た上で、実際に転職をすべきかどうか考えればいいのです。

転職サイトを利用することで、「今の自分はどんな求人に応募できるのか」、「どんな年収が提示されるのか」など、自分の社会的な価値を相対的に計ることができます。

「自分では気付いていなかったけど、意外と自分の市場価値が高かった」なんてこともあるかもしれません。

知らずにいるのはもったいないことです。

今の職場がすべてではありません。ぜひ世界を広げてみませんか?

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントといっても、最近では会社もどんどん増えてきているので、一体どこの会社を選べばいいのか分からないという人も多いのではないかと思います。

そんな人にオススメするのが、マイナビエージェントの転職支援サービスです。

⇒マイナビエージェントはコチラ

マイナビエージェントをおすすめする理由!

①日本最大級の転職エージェントで求人数が圧倒的に多い!

マイナビエージェントの求人数は、業界でもトップクラス。

他職種の求人を取り扱っているので、他の企業では扱っていない独自案件があるので転職の選択肢が広がります。

②キャリアアドバイザーのレベルが高い

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界の出身者が多く、専門性の高い知識と人事を知り尽くしたプロです。

各企業の書類選考や面接のノウハウを熟知した転職のプロが、応募書類の書き方、面接対策などをサポートしてもらえるので内定率がアップします!

③8割が非公開求人!

人気の高い求人や募集枠が少ない求人、極秘プロジェクトや事業戦略に関わる人材採用は、非公開求人となります。

これら非公開求人は、マイナビエージェントに登録した人にしか紹介されません。

非公開求人は一般的によい人材を求めている企業なので、条件交渉なども含めて、応募者とのマッチングをしっかり行ってくれます。

キャリアアドバイザーが給料交渉などもしてくれるので、条件の良い求人先に転職が可能となります。

マイナビエージェントは、「求職者のライバルが少なく、良い求人を親身なサポートで紹介してもらえる。」と利用者にも評判のいい転職サイトです。

自分の状況は冷静に判断できないことも多いものです。

まずは、キャリアアドバイザーに相談してみませんか?

今のあなたの状況を転職のプロの目で冷静に判断して、転職すればどのくらい給料がアップするか、どんな企業に転職できるかをアドバイスしてもらえます。

今の状況と比較してみて、今の環境が恵まれていればそのまま続ければいいですし、もっといい環境があれば具体的に話を聞いてみるなどの次の一歩が見えてくるはずです。

まずは一度キャリアアドバイザーに相談してみてください!

「マイナビエージェント」に相談してみる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型うつは甘え?仕事、職場での対応はどうしたらいい?

毎日、仕事を辞めたいと考えてしまう…誰にも言えない苦しみの解決策

これってうつ病?要注意!こんな症状もうつ病です。

仕事に行くのが嫌で吐き気がする…会社に行けない、辞めたい場合の対処法

動悸がする、心臓がバクバクする症状!職場・人間関係のストレスが原因!?

過呼吸、突然泣く…仕事や職場のストレスが原因かも