SEを辞めたい!異業種へ転職する3つのポイント

急速にITの発展が進む中、IT業界では常に人手不足が続いています。

SE職はその需要の増加に対して供給が足りておらず、結果的に一人一人への負担が大きくなっている過酷な労働環境です。

今後も簡単にはこの状況は改善されないでしょう。

社会風刺系のマンガなどでは、SEの過酷な労働環境を面白おかしく書いているものもありますが、実際に働いている人はうんうんと頷きつつも、冗談にならないような苛烈な仕事人生を送っているのではないでしょうか?

実際に過労で体調を崩す人も少なくありません。

SEとして今後も働くことを今一度考え、その将来に不安を感じる人は、一度転職という選択肢も考えてみることをおすすめします。

SEから異業種への転職の求人事情や転職するためのポイントについてまとめました。

SEを辞めたい理由

労働時間がとても長い

SEの仕事は労働時間が非常に長いと言われています。

納期が近づいたり、システムになんらかの不具合があった時には、朝も夜もなく働き続けなくてはなりません。

今やIT関連の会社ではなくとも、社内SEを雇用している会社は多いと思いますが、トラブルがあった時に徹夜で復旧作業をしている姿を見たことがある人は多いのではないでしょうか?

大手で働いている人は労務管理がそれでもしっかりしている会社もあります。

しかし、下請けの業者で働いている人は、委託先の急過ぎる仕様変更にも対応せざるをえず、健康的とは全く程遠い生活を余儀なくされている人が少なくありません。

人間関係が悪くなりがち

SEの仕事は人が多く関わります。自分で営業して自分でプログラミングをしているという人は恐らく稀でしょう。

そのため、中にはシステムのことなどよく分かってもいないのに色々と口を出す人や、無茶な要求だと分からず難題を投げ込んでくる人も多くいます。

営業が顧客の要求を安請け合いしたせいで酷い目に遭った、なんていう経験をしたことのあるSE職の人も多いのではないでしょうか?

未経験者の人にとっては仕事の大変さがなかなか理解されづらい仕事でもあり、そうした軋轢から人間関係が悪くなりがちな職場環境だと言えます。

年収がトレンドに左右される

SEの仕事において一つの言語を扱えるだけで事足りる、ということはあまりありません。

作るものによって、最適な言語を使用しなければならないため、複数のプログラミング言語を扱えなければなりません。

しかしながら、プログラミング言語のトレンドはよく変わります。

また、既存のものでもバージョンが変われば互換性がなくなるというケースもあり、常に自分のスキルについてもアップデートをしていく必要があります。

更に言えば、使用できるプログラミング言語によって年収も左右されるので、今は安泰だったとしても、いつその優位性が崩れるか、不安を抱きながら仕事をしなければなりません。

他の職種であれば、経験を積めば積むほど年収アップのチャンスとなるのに、自分ができることがトレンドでは無くなった途端に、年収が頭打ちとなるケースも少なくありません。

SEから異業種への転職のコツ

転職活動は少しでも早く

他の職種も同様ですが、異業種や未経験職種に転職する場合は、できる限り早く転職に向けて動くことをおすすめします。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分自身も新しいことを覚えるのが億劫になりますし、採用する側も出来れば若い人を採用していきたいと考えています。

SEとしての将来に不安を感じている人は、少しずつでも良いので転職への準備を進めていくのが良いでしょう。

ITコンサルタントやIT企業の営業職は狙い目

SEの経験を活かして職種を変える場合、ITコンサルタントやIT企業の営業職は比較的その経験を活かしやすい仕事です。

ITコンサルタントは、クライアントのIT関連プロジェクトにアドバイザーとして入り込んで仕事をするなど、ITの素養が必要な仕事です。

そのため、実際にSEとして仕事をした経験があれば、クライアントに対して具体的な提案や課題への解決策の提示が可能でしょう。

また、IT企業の営業職は、未経験者であればクライアントからの要求に即答することができず、あまり効率の良い営業活動ができませんが、SEとして働いた経験があれば要件定義などもスムーズに行うことができます。

結果として、クライアントにとっても自社側にとっても効率の良い営業活動ができるでしょう。

その他にも、今やITは会社の仕事の中で無くてはならないものになっています。

そのスキルを活用する場は溢れていますので、SEとしての経験を活かした転職をすることが成功の鍵となるでしょう。

転職エージェントに相談する

転職が頭をよぎったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントでは、求人企業の紹介はもちろん、キャリアカウンセリングや面接へのアドバイスなど、様々な形で転職活動をサポートしてくれます。

残業も多いSEとしての生活の中、企業研究など転職活動を自力で進めるのは無理とは言わないまでも効率的とは言えません。

いざ、転職しよう!と思っても、人間は言い訳をする生き物です。仕事に忙殺されてなかなか動き出せなかったり、それを言い訳にして後回しにしてしまったり。

その内に、転職への意欲も薄れ、なし崩し的に元の生活に戻ってしまうということもあるかもしれません。

しかしながら、上記にも記載した通り、SEから他業種への転職はスピードが重要です。

ズルズル進めてはチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

転職エージェントに相談することで効率的に情報を集め、戦略的な転職活動が可能になります。

転職エージェントの利用は無料ですので、専門家の意見を聞きながら着実に転職活動を進めていきましょう!

⇒SEからの転職におすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

異業種に転職したい!未経験業界の転職に失敗する人・成功する人の違い

保険営業からの転職先は?転職で気を付けること

接客業を辞めたい!接客業からの転職におすすめの仕事は?

教師を辞めたい…教員から異業種に転職するには?

飲食店を辞めたい人へ!すぐ辞めるべき理由と転職で気をつけるべきこと

工場を辞めたい!おすすめの転職先は?