20代の転職を成功させるには理由がある!未経験職種でもまだ間に合う!

20代での転職は早いと思われがちですが、実際には20代での転職はメリットもたくさんあります。

20代前半であれば第二新卒扱いで新卒枠での応募が出来ますし、後半であってもまだ若いということで、今のスキルというよりも将来性で採用されるということもよくあります。

それでも転職の悩みは尽きないものです。

特に20代であれば初めての転職となる方も多いので、不安を感じる方は非常に多いでしょう。

20代の転職における悩みと注意点をまとめました。

20代で転職するときの悩み

「またすぐに辞めるのでは?」と思われてしまう

20代は年齢層が極端に低いベンチャー企業などを除けば、基本的には会社内ではまだまだ若手、修行の身のようなものです。

そんな世代の人が辞めたというのであれば、「前の仕事に耐え切れなくて逃げ出したのではないか?」と思う方も残念ながら少なくはありません。

転職理由を説明する際には、そうではないということをしっかりと説明出来るようにしておくことが必要ですね。

面接でアピールできるスキルやキャリアがない

若手の間は、基本的には雑用や先輩の手伝いがメインで、自分が主役となって成果を上げるという機会はなかなか少ないものです。

仕事の中で真に評価されるような能力は、実践無しでなかなか得られるものではありません。

徐々に先輩・上司から仕事を与えられ、それを成功させ信頼を勝ち取りながら少しずつ成功して自信をつけていくものです。

若手の間に会社を辞めてしまっては、これから起こり得るそうした機会を簡単につかむことはできません。

結果として、スキルやキャリアが完成しないままでの転職となりがちです。

転職するには早すぎるのではないか

「石の上にも三年」という言葉にある通り、日本ではすぐに仕事を辞めてしまうことをよくないと思う考えが強く根付いています。

それにより、20代での転職をとかくネガティヴなものに考えがちです。

一方で、早ければ早いほど、ゼロからのやり直しがやりやすいことも事実です。

30代からの転職では未経験業種・職種への転職は難しいですが、20代前半であればこうしたシフトチェンジも案外すんなりいくものです。

やりたいことがわからない

昔からやりたいことが決まっていて、「念願叶って今の会社に入社した!」という方は極稀でしょう。

多くの方はやりたいことではなくとも、条件や仕事内容になんとなく惹かれてその会社に入社していくものです。

やりたいことというのはスパッとそれが決まるというよりも、これは違うと消去法を繰り返す中で何と無く見えてくるものです。

やりたいことかどうかとあまり深く考えず、興味があるなら飛び込んでいく勇気を持ちましょう。

新しい職場での人間関係が不安

人間関係は職場の居心地を左右する非常に重要な要素です。

もしも人間関係が悪い会社だったり、自分が周りとうまくやっていけなかったら?

心配はもちろんですが、周りの人も新しく入ってくるあなたとどう付き合っていけばいいか不安に思っているはずです。

そんな状況でお互いに怖がっていても仕方がありません。

まずは自分がぶつかっていくつもりで、謙虚かつ積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

お互いに始めから悪い関係を作りたいわけではないはずなので、胸襟を開いてコミュニケーションをとっていきましょう。

20代の転職活動の際にやるべきこと

自分のことを知る

まずはしっかり自己分析を行いましょう。自己分析が足りないと転職活動も失敗に終わる可能性が高いです。

自分の適性や興味のあることなど、目先のものに囚われずに自分という人間を分かっていれば、自信をもって転職活動に臨むことができるでしょう。

また、転職には当然理由があります。

「自分はなぜ今の仕事を辞めたいと思っているのか」、また「志望している会社は何が魅力的なのか」、漠然とではなく言語化することで面接などでも説得力のある受け答えができるでしょう。

優先順位をつける

自分が職場に求めているものについて優先順位をつけることが、会社選びの際には最も重要です。

自分が求めているのが高い収入なのか、それとも他では得難い経験なのか、例え条件が良くても嗜好が違う仕事に就いたのであれば、また同じように転職を繰り返すこととなります。

全てを兼ね揃えた仕事があればもちろんそれに越したことはありませんが、そんなに都合良くいくものでもありませんので、他を捨ててでもこれだけは!と思うものをしっかりと把握しておきましょう。

何度も転職をすることが必ずしも悪いわけではありませんが、一つの会社に長く留まれないということは、その会社で得られたであろう機会を損失することにも繋がります。

会社選びは慎重に行い、その会社で長く働くことができると確信を持った上で行動に移した方が、後々良い結果が生まれることでしょう。

スキルを身に付ける

若い内は、会社の中で重要な役割を任せてもらえる機会は少ないですので、どうしても仕事の経験を語る際に内容が薄くなりがちです。

働いてみればあなたが優秀であることは分かるのかもしれませんが、言葉で表現した時あなたの経験は果たして就職を希望する会社にとって魅力的なものに映るのでしょうか?

是非とも言葉で理解してもらえる、明確なスキルを身に付けて下さい。

具体的に「〜ができます」と言えることは、あなたの能力を表現する最もシンプルかつ有効な方法です。

転職エージェントを利用する

20代での転職では、必ず転職エージェントを利用しましょう。

転職は自分が思っているよりも手が掛かるものです。

特に初めての転職であれば、何をやるべきか右も左も分からないですし、ここについてはプロに任せてしっかりとしたアドバイスをもらいましょう。

また、若手の転職ではなかなか給与アップを目指すことは難しいですが、転職エージェントであればそういった希望にも応えてくれ、自分では見付けられなかった最適な求人情報が見付かる可能性も高まります。

ただ勢いだけに任せるのではなく、しっかりと考えて行動すれば、今よりも良い条件の会社で働ける可能性は高いでしょう。

転職の成功率を上げるためにも、20代の転職に転職エージェントは必須です!

20代におすすめの転職エージェント

一般的な転職サイトは、実績と経験のある人物を対象に求人を紹介するため、経験の少ない人には不利になる傾向があります。

そのため、経験の少ない20代は利用する転職サイトをしっかり選ぶ必要があります。

20代におすすめの転職サイトはこちらです!⇒「就職Shop」

リクルートが運営する「就職Shop」

①転職のプロ集団リクルートが運営する転職エージェント

人材紹介の大手「リクルート」が運営する20代向けの転職エージェントです。

面接対策や企業との連絡など、すべてをコンサルタントが個別サポートしてくれるので個々にあった転職先を紹介してくれます。

②書類選考なし!未経験歓迎の求人が中心

既卒、第二新卒、未経験の若者の可能性を信じる企業を中心に紹介してくれるため、経験や資格などの書類選考のステップがありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業、「経験よりも人物に魅力を感じたい」「一から育てることでその可能性を大きく伸ばしたい」という想いの企業が集まっています。

経験の少なさから書類選考で落とされることがなく、成功率が大幅にアップします。

③一人一人とじっくり向き合い個別対策でしっかりサポート

それぞれの事情としっかり向き合い、その人にあった職場を紹介してくれます。

営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あり、経験の少ない若手に対してもベストマッチングを提供できます。

集団面接では自己PRが苦手な人も安心。面接対策から面接設定、入社日の調整もフォロー!

「就職Shop」に相談してみるならコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職活動にかかる時間の平均は?在職中に働きながら転職活動するコツ

転職に失敗する人の特徴!成功する人がやっている共通点とは?

40代の転職を成功させるには?未経験は?失敗しない転職は?

30代の転職で未経験はキツイは本当?失敗しない30代の転職

「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?