転職活動にかかる時間の平均は?在職中に働きながら転職活動するコツ

転職活動はなんとなく大変なイメージがありますが、実際にはどのぐらいの期間で決まるのでしょうか?

予想以上に長引いた場合にはかなり疲弊してしまいそうな気もしますが、急いで決めてしまうのも見落としがありそうで怖いですね。

今回は、転職には一般的にどの程度の時間がかかるのか、また十分な活動をしながらも短縮するためにはどのような行動が必要なのか確認していきましょう。

転職活動の平均期間は3〜6ヶ月、転職活動のスケジュール

下準備期間

転職をしようと思ったら、いきなり会社に応募し始めるのではなく、まずは何を目的とした転職なのか、どのような会社を選ぶべきかを考えます。

闇雲に応募・面接を繰り返すのは得策ではありませんし、何よりそのように選考を受けたところでまず受からないでしょう。

まずはどのように転職を進めていくのか戦略を立てていくことが重要です。

また、この時期に重要なのが、自分のキャリア・スキルの棚卸しをするということ、自分のアピールポイントはどこなのか、しっかりと端的に話せるように準備しておくことです。

ここの準備が甘い場合、いざ選考を受け始めてもイマイチ自分のことをアピールできませんし、自己アピールが伝わってこなければ採用する側に好印象を与えることが出来ません。

就職活動の成否を占う重要な期間ですので、ここの下準備は入念にやっていきましょう。

応募・面接・内定期間

下準備が終わったら、実際に転職候補の会社にコンタクトを取り、応募していく段階となります。

ここまでには希望の会社を数社以上ピックアップしておき、書類送付はまとめてやってしまうようにしましょう。

書類審査に通れば、次は面接です。

面接が続く時期は会社を休んでいかなければならない可能性もあり、スケジュール的にもかなり忙しくなる時期です。

ここが会社の繁忙期に当たらないように調整するのも必要かもしれません。

退職・入社準備期間

いざ内定がもらえたら、いよいよ現職先では退職の意思を伝え、次の職場に移る準備をしていく段階となります。

退職期間については現在の職位や仕事内容によって大きく変わるところかと思います。

最低1ヶ月以上は退職準備として見ていく必要がありますが、それ以上を引き継ぎ期間として求められることもあるかもしれません。

この辺りについては、次の会社への入社時期との兼ね合いもありますので、双方と交渉していく必要があります。

転職先はもちろんですが、現職とも退職時期の調整はあまりトラブルになるようなことになるのは避けるべきでしょう。

そもそも同僚との不仲が原因で辞めたとか、そういう場合は別ですが、余程のことが無い限りは同僚とは今後も個人的な繋がりは続くでしょうし、全くの畑違いへの転職で無い限りは仕事で絡むこともあるかもしれません。

転職先にとっても現職の会社にとっても無理のないスケジュール組みを心掛けていきましょう。

転職活動を短期間にするコツ

事前準備を入念にする

上記の事前準備期間の間に、転職の目的を明らかにしていなかったり、自分のキャリア・スキルの棚卸しをしておかなかった場合、いざ面接期間になっても方向性が定まらず、結局振り出しに戻ってしまうかもしれません。

この事前準備はいつからでも始められることですので、まだ決断はしていない状況であっても、日常から考えておくことで短縮化することができます。

転職は明確なスタートラインなどありませんので、決断した時にはすぐに動き出せるよう、事前に出来ることは早めに対処しておくようにしましょう。

入社時期を定める

転職は時間がかかるものではありますが、あまり先延ばしにするのもよくありません。

辞めることを決めてから現職にズルズルいるのは、自分にとっても現職にとってもよくありませんので、目標として転職の完了時期=次の会社への入社として、ある程度の日程を決めておきましょう。

逆算することでその時々でやるべきことも見えやすくなりますので、目安でも構いませんので、無理なく、かつダラダラとならない程度の日程を設定しましょう。

現職で転職した人を参考にする

転職時に要した現職の引き継ぎ期間は、現職から別の会社に転職した経験者の経験を参考にするのがベストです。

特に同じ部署や同じ役職の人であれば、ほぼ似たような期間を引き継ぎ期間として希望されるでしょう。

また、引き継ぎに関しては常日頃から自分の業務をマニュアル化しておくなど、先を見通して早めの行動をしていくことで、この期間を短縮していくことが可能です。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用すると、まず求人情報を集める手間が大幅に楽になります。

キャリアアドバイザーとのヒアリングで希望の条件や職種などを伝えることで、膨大な求人情報の中から希望に合うものをピックアップしてくれるので効率的に転職活動を進めていくことが出来ます。

非公開求人など一般には公開されない好条件の求人などもキャリアアドバイザーは把握しているので、個人で探すより圧倒的に好求人が見つかります。

また、面接日程や入社日についても採用側との間に入って調整してくれるので、仕事をしながらの転職活動には欠かせません。

自分では直接企業側に言いにくい年収など条件交渉もキャリアアドバイザーが代わりに行ってくれるので、本当にありがたいサービスです。

ひとまず登録しておくだけでも、様々な会社情報を教えてもらえるので活用しない手はありません!

転職エージェントは、今のあなたの市場価値が評価してくれるだけでなく、今働いている会社についてもプロの目で見ていい会社なのか、今すぐ辞めるべき会社なのか、第三者の公平な判断を聞くことができます。

転職に要した期間は人によって違いますが、まずは数ヶ月はかかるという意識で進めていく必要があります。

中には1ヶ月程度で終わる人もおり、目標期間を決め、戦略的に転職活動を進めていくことでかなり短縮も可能です。

転職活動をすることになった時にはまず複数の転職サイト・転職エージェントへの登録が第一歩です!

⇒おすすめの転職エージェントはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【転職するべき人/残るべき人】転職するべきか悩んだら読んでみてください

緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

30代の転職で未経験はキツイは本当?失敗しない30代の転職

転職に失敗する人の特徴!成功する人がやっている共通点とは?

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?