「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

転職活動をしていると、「職種・業界未経験者歓迎」というような求人も多く見かけます。

一般的には、経験者の方が育成コストもかからず戦力化も早いと考えられるので、未経験者は敬遠されがちなように感じますが、この「未経験者歓迎」という言葉にはどのような意図があるのでしょうか?

未経験者歓迎は本当?

未経験者歓迎を謳う求人の狙いは主に2つあるかと考えられます。

①本当に未経験の人材を欲しがっている場合
②経験者の方が好ましいが、止むを得ず未経験の人も含めなければならない場合

未経験を求める求人

①については「本当に?」と思われるかもしれませんが、あえて未経験者を採用したいという求人は少なからずあります。

理由としては、「あえて経験の無い人を雇うことで、今のメンバーには無い新しい空気を入れるということ」があります。

会社にある程度属していると、不思議なことにメンバー内の考え方やその空気感が似てくるということを感じたことはありませんか?

会社は協力して仕事をする場所ですので、仕事をしていく中で徐々に似たような思考になっていくのかもしれません。

この場合、仕事はしやすいかもしれませんが、一方で考え方は画一的になってくるかもしれません。

イノベーションを起こそうとした時には、こうした画一的な考え方から抜け出す必要がありますが、そうした時に、あえて業界内や職種における先入観の無い人を入れることで、組織のリフレッシュを図るというものです。

求人が集まらず未経験を採用する場合

一方で、②については「そもそもなかなか求人が集まらない」といった場合です。

あまり人気の無い職種というのはやはり存在するもので、そうした求人は母集団形成も非常に苦労しています。

本音を言えば「経験者を採用したい」というのが正直な意見ですが、そこにこだわると採用がなかなか進まない場合は、未経験者を含めて求人を出すパターンが多いようです。

いずれの場合であっても注意したいのは、決して「スキル不問」というわけでは無いことです。

社会人として必要なオフィススキルなどはどこに行っても求められますので、この点については必須スキルとして備えておく必要があります。

未経験で採用されるためのポイント

未経験でも働く熱意を伝える

未経験であっても戦力として数えていないということではありません。

人を抱えるということは、企業としてもそれに見合う働きを見せてもらうことを期待しているわけですので、「未経験なのでお手柔らかに」というような姿勢であれば、もちろん採用には至りません。

未経験であればこそ、早期で戦力となれるためにどのようなことを考えているのか、どれだけの熱意をもってその仕事に取り掛かろうとしているのかということを伝え、認めてもらうことが必要となります。

未経験であることを甘えとするのではなく、そのことをその会社で働く上でのハンディキャップであるということを理解し、努力で補っていくという姿勢が重要です。

自分の強みをその仕事にどのように活かせるのかを考える

例え新しい仕事であったとしても、自分の経験を活かせる部分はどこかにあります。

それが仕事の経験ではなく、個人的な活動だったとしても構いませんので、自分はこういう経験をしてきて、こういうことが出来るということをしっかりと言葉で伝えられるよう、スキルの棚卸しをしていきましょう。

自分の経験をしっかりと棚卸ししていけば、アピールできるものは必ずあります。ここについては時間をかけてしっかりと表現できるようにしていきましょう。

その会社の中でどのように成長していきたいか、未来図を予想する

現在の自分とそこで働く意欲が表現出来たなら、あとはその会社でどのように成長してキャリアを形成していきたいかを考えてみましょう。

未経験の人を雇うにあたり、ポイントとなるのはどのように会社に貢献していってくれるのかということです。

そのストーリーをしっかりと語ることで、採用担当者もあなたの未来図を予想しやすくなります。

あなたが入社することで、会社としてどのような恩恵が受けられるのかということをプレゼン出来るようにしていきましょう。

転職サイトを利用しプロの助けを借りる

ここまでやっても、未経験への転職は難易度の高いものです。

特に人気のある業種・職種で未経験OKの求人は非常に人気ですので、ライバルも多くなります。

やみくもに挑戦し続けるのも悪くはないかもしれませんが、転職は考えている以上に時間も労力もかかることですので、効率的な方法とは言えません。

転職エージェントは、未経験職への転職を成功させたノウハウも豊富ですので、そうした専門家の力を借りて成功確率を上げていくことが重要です。

また、未経験OKという会社は、未経験の人を大量に集めて使い倒すという、いわゆるブラック企業のようなところも少なくはありません。

そうした会社を回避するためにも、情報を多くもつ転職サイトを積極的に利用すべきでしょう。

未経験職種への転職は、そのイメージとは裏腹に簡単なものではありません。ライバルが多いことは明らかですので、その中でも自分が際立った存在だと見せることが必要です。

逆に捉えれば、経験に差はありませんので、そういった意味ではチャンスの求人とも言えます。

他の求職者としっかりと差別化が出来るよう準備を怠らずにチャレンジしていきましょう。

転職エージェントを利用するメリット

今の仕事が合わないから辞めたいけれど、「未経験で採用してくれるところはあるのか」「自分がどんな仕事に合うのかわからない」という方は多いのではないでしょうか。

自分のことを客観的に判断することは難しいものです。

キャリアアドバイザーのコンサルタントを受けることで、「どんな仕事をしたいのか」「どんな仕事が向いているのか」「どんな職場で働きたいのか」を自分自身で見つめるとともに、転職のプロからのアドバイスをもらうことができます。

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

未経験職種への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いでしょう。

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、その会社の雰囲気を肌で感じているので、求人票ではわからない業界や職場のリアルな状況を教えてもらうことができます。

給料やボーナス、残業や休日出勤の多さなど採用担当者に聞きづらいことも、キャリアアドバイザーには聞けるのではないでしょうか?

転職エージェントに相談したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありませんので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも大丈夫です。

「転職したい」という気持ちが少しでもあるのであれば、仕事を辞める前に転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんなことをアピールできるか(あなたの市場価値)
  • 企業が求めているのはどんな人材か(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「転職したいけど求人はあるだとうか」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

未経験でも採用する企業はたくさんあります。

転職エージェントを通じて、企業が求めているものを人材を把握し転職活動を行えば、未経験の転職もスムーズに行えます。

転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒おすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【転職するべき人/残るべき人】転職するべきか悩んだら読んでみてください

緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

20代の転職を成功させるには理由がある!未経験職種でもまだ間に合う!

転職活動にかかる時間の平均は?在職中に働きながら転職活動するコツ

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?

30代の転職で未経験はキツイは本当?失敗しない30代の転職