40代の転職を成功させるには?未経験は?失敗しない転職は?

40代の転職は一般的に難しいと言われています。

日本の会社は基本的にはまだ年功序列賃金性の色合いが濃く、長く働いた会社を離れることはリスクもありますし、単純に歳を追うごとに求人の数は減っていきます。

一方で、40代になってからもキャリアアップとしての転職を成功している方も多くいます。

うまくいく人といかない人の違いはどこにあるのでしょうか?

40代の転職のポイントを知ることで成功転職の対策を立てていきましょう。

40代の転職を成功させるために知っておくこと

応募できる求人数が少ない

40代であっても求人はあります。

しかしながら、能力的に求められているものが30代までとは異なっていること、未経験職種の求人などを探すのは難しいですし、採用されたとしても良い条件に巡り会える可能性はほとんどないでしょう。

また、求人自体の数もそれまでよりも減少傾向となります。

年齢で落とされてしまう

年齢的なハンディキャップをもっていることも認めざるを得ません。

40代の転職者に対して認められるのは潜在的な能力ではなく、既に顕在している知識やスキル、能力です。

ポテンシャルや働ける長さで言えば、当然更に若い方に軍配が上がりますので、知識や経験でそれらの人々よりもアドバンテージをもたなければなりません。

自分のキャリアは市場価値があるかどうか

自分が歩んできたキャリアが市場においてどのような価値があるか、ということも正しく認識する必要があります。

今は時代の流れも早く、以前までは必要だった仕事も、IT技術等に取って代わられています。

今後もこの流れは続きますので、果たして自分のスキルが何か、あるいは誰かと代用可能なものでは無いのか。

またそうであったのであればどうすれば自分の価値を高められるのか、転職を考えている人も考えていない人も考えるべき問題です。

新しい環境に適応できるか

転職するということは、慣れ親しんだ環境を離れ、自分のことを知らない未知の環境に行くということです。

「新しい環境は新鮮で好きだ」と言う人もいるかもしれませんが、メンバーはもちろん社風や仕事のやり方さえも異なっている場所では、慣れるまでも相当な時間がかかります。

また、新しい職場では年下の社員が上司になることも覚悟しておく必要があります。

40代の転職は厳しく失敗すると言われる理由

未経験は厳しく即戦力が求められる

40代の転職者に会社が求めることは、現在会社が抱えている課題を解決してくれる人、つまりは即戦力となれる人です。

30代までの転職であれば、未経験でも人物次第では採用されますが、40代ではそもそものその仕事に対する十分な知識や経験が前提となります。

自分が即戦力として誇れる実績等も無いポジションに応募する場合、通過出来る確率は非常に低いものとなるでしょう。

管理能力が必須

40代であれば、大小あれどそれなりの人数の部下を抱えて仕事をするという、マネジメント経験を持っている人が多数です。

そして、会社側もこの年代に期待することはチームを率いて結果を出すということ、単独で動くプレイヤーはあまり想定されません。

プレイヤーとしての能力があまりにも卓越しているのであれば別かもしれませんが、基本的には人や仕事を管理する能力は必須と言っていいでしょう。

マッチする人材が限られる

40代というあえて十分な経験を積んだ人を求める求人の場合、基本的には会社が何かしらの課題をもった上でそれを解決できる、少なくともその見込みがある人を採用しようと考えます。

そうした問題は会社によって大きく異なる上に、会社の体制なども深く関わっていきますので、会社側の要望もジグソーパズルのように歪な形をしたものだったりします。

40代の転職を成功させるポイント

経験やスキルを活かせる職場を選ぶ

40代の転職を成功させるには、まず自分のスキルや経験を活かせる場所であることが必須となります。

経験の浅い職場では活躍できるフィールドも狭まってしまいますので、会社としても雇うメリットが薄くなってしまいます。

ピッタリ合うような会社を見付けるのは難しいですが、極力自分の力を最大限に活かせる場所を選びましょう。

時間をかけて転職活動を行う

40代の求人は数自体も少なくなってきていますので、自分の条件に合うような求人と出会える機会も少なくなります。

焦って転職活動を行っても、自分の希望に合わないという可能性も高いので、特段事情がなければ、自分の希望に合う求人が出るまで待つことも重要でしょう。

転職エージェントの利用は必須

転職をスムーズに進めるためにも、転職エージェントの利用は欠かせません。

自分で転職先を探すのは労力もかかるものです。

また、40代で自分に合う求人を探すには、求人先が求める内容を具体的に把握する必要があります。

広く求人を探す際には、転職エージェントを使うと使わないでは圧倒的に検索範囲が違います。

また、ハイクラス求人は非公開になっていることがほとんどです。

こういった求人は、転職エージェントのキャリアカウンセラーを通じて紹介されるので、自分で探していては出会うことはまずできません。

また、40代の転職は難易度も高くなりますので、このクラスの転職経験を豊富に持っている転職エージェントは非常に心強い味方になります。

しっかりと相談して対策を練り、失敗しない転職活動をしましょう。

40代の転職は、確かにそれまでよりも難しくはなりますが、何が不安材料なのかをしっかりと認識し、対策して臨めばチャンスも十分にあります。

準備を怠らず、時間をかけてやっていくことで成功確率も上がっていきますので、転職を考えている人は長期目線で取り組んでいくようにしましょう。

40代の転職に転職エージェントを利用するメリット

40代の転職は、これまでのスキルや経験を活かした転職ができるかどうかがポイントです。

また、いくらスキルや経験をアピールしても、求人先の企業のニーズにマッチしていなければ魅力的な人材と思ってもらえません。

そのため、転職活動ではあなたの経験や希望と企業が求めるものが上手くマッチするかどうかが重要になってきます。

うまくマッチする企業を探すためにも、企業研究や情報収集が必要になるのですが、個人の力だけではどうしても限界があります。

そのため、ぜひ転職エージェントを活用することをおすすめします!


転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートを行います。サポートはすべて無料です。
  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

新しい環境への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いでしょう。

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、採用担当者と直接やりとりしているので、求人側のリアルな生の声を教えてもらうことができます。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも大丈夫です。

「転職したい」という気持ちが少しでもあるのであれば、少しでも早く転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 求人先が求めているのはどんな人材か(相手のニーズ)

これらのことを知ることで、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

40代の転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒40代の転職におすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職に失敗する人の特徴!成功する人がやっている共通点とは?

緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

30代の転職で未経験はキツイは本当?失敗しない30代の転職

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?

「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

20代の転職を成功させるには理由がある!未経験職種でもまだ間に合う!