30代の転職で未経験はキツイは本当?失敗しない30代の転職

30代の転職は厳しいのでしょうか?

30歳を境に転職が難しくなるという話もたまに聞きますが、実際には30代の多くの方が転職を成功させています。

30代は新卒から一つの場所に勤めていれば、中間管理職のポジションになってくるなど、会社でもそれなりの裁量が認められ、仕事にもかなり自信がついてくる頃だと思います。

一方で、同年代との給与の差などもかなりついてくる頃です。

大学時代の友人と会ったら、相手は自分の2倍ほどの給与をもらっている、ということも少なくありません。

また、結婚や育児などライフイベントも盛り沢山なのがこの年代。

家庭を持ってしまえばなかなか退職という選択肢を選びにくいところもあり、結婚前に転職をと踏み切る人も多いのではないでしょうか?

まだやり直しの効く年齢ということもあり、転職を決断する人は多い年代かと思います。

30代で転職するときの悩み

求人が限られるのではないか

30代の方が転職を考えた時に頭をよぎるのは、やはり20代の時ほど求人は多くないだろうということです。

単純に新卒や第二新卒枠の求人には応募出来ませんし、求人の絶対数は少なくなることは明白です。

また、20代であればまだ未経験でも応募できる求人はありますが、30代となると全くないということは無いにしても、基本的には「〜の経験○年以上」というような制限が設けられやすくなります。

未経験職種への転職が厳しい

上記でも触れた通り、30代になれば未経験職種への求人は少なくなります。

また、未経験職種で求められるのは、その人のポテンシャル。

30代になれば、仕事の経験はある程度ありますし、社会人的な素養も磨かれていることでしょう。

しかしながら、求めている部分がポテンシャルということであれば、それについては若さが何よりの武器とも言えるので、その武器が錆びついてくる30代での未経験職種への転職はかなり難しいものになるでしょう。

年齢で落とされてしまう

30代は決して高齢ということはありませんが、さほど若くないというのも事実です。

仮に30代のあなたと、20代の他の候補者が並んでいた場合、能力がほぼ同じという条件であれば、企業の多くは20代の候補者を採用するでしょう。

若ければ若いほど、これから会社に貢献してくれる機会も増えますし、単純に伸びしろがあるとも考えられるので、若年層との比較となった場合には、明らかにあなたの方が秀でていると証明できる実績が必要です。

年収が下がる心配や不安

基本的には勤続年数に応じて給与は上昇します。

ステップアップとしての転職であれば、給与が一気に上がることも想定されますが、職位の上がらない転職では年収が下がってしまうということも否めません。

まだ実力の分からない人に高額な年収をホイホイと提示できるような会社はありません。

現在の年収がそもそもそこまで高くないのであればさほど心配するようなことではないかもしれませんが、ある程度の収入を得ている人であれば、その収入を捨てるということにも繋がってしまうこともあります。

30代の転職で失敗しないために

自分のスキル、キャリアを分析する

30代まで真面目に働いてきたのであれば、どんな仕事をしていたのであろうと、少なくとも様々な経験をしているのは事実です。

仕事をする中で培ってきたスキルや、歩んできたキャリアはあなたの実績です。

それをどのように会社に売り込んでいくかということが30代での転職の最も重要なところです。

自分のキャリアがどのように進んできて、今後どのように形成していきたいというストーリーを描くことは納得感のある志望動機になりますし、過去の経歴の短い若年層と比較して大きなアドバンテージとなります。

転職の目的を明確にする

どの年代にも言えることではありますが、転職の目的は出来るだけ具体的にし、自分の中で明確にしておく必要があります。

20代の時よりも転職のハードルは上がっていますので、なんとなく転職というような中途半端な姿勢で臨むのはやめましょう。

何をどのようにしていきたいのか、それを言葉にできるようにしっかりと準備しておきましょう。

自分だけのセールスポイントを作る

同じ職種への応募であったとしても、当然そこには同じように経験を積んできたライバルがいます。

そのライバルたちと自分をどう差別化するかが転職を成功させる鍵となります。

例えばエンジニアとしての採用だったとしても、とにかくエンジニアとしての仕事ばかりをしてきた人もいれば、営業からエンジニアに転向した人もいるでしょう。

現在の職種や応募職種は同じだったとしても、それぞれが持っているバックグラウンドが違えば、見られ方も変わります。

後者であれば、「営業力のあるエンジニア」となり、その経験を活かして「〜ができます」と、他の人とは一線を画すスキルとなれば、そうした人材をまさに求めている会社にとっては非常に貴重な人材となり得るでしょう。

転職エージェントを利用する

30代での転職は、闇雲に様々な求人に手を出すのではなく、戦略的に行う必要があります。

そのためのパートナーとして、転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントは求人情報なども豊富に持っていますし、その企業がどんな人材を求めているかなど、企業が求める人材を適切に把握しています。

転職サイトのエージェントのキャリアコンサルタントと相談し、転職希望先の会社に対してどのように自分を売り込んでいくか、しっかりと対策を行うことが30代の転職を成功させるコツとなります。

また、履歴書の転職理由や自己PRの書き方、面接対策なども行ってくれるので、内定をもらえる確率が大幅にアップします。

求人情報も豊富ですので、効率的な転職活動のためにも是非利用していきましょう。きっとあなたにピッタリの求人を探してくれるはずです。

30代での転職は、20代の時よりも難易度が上がるのは事実かもしれません。

一方で、成功すれば一気に年収もアップする可能性もあります。

また、未経験職種へのチャレンジは30代がほぼ最後のチャンスと思って差し支えありません。

40代になれば、その難易度は段違いで変わりますので、大胆なキャリア転身も含め、是非希望にあった転職を目指して下さい。

転職エージェントを利用するメリット

今の仕事は辞めたいけれど、「自分がどんな仕事に合うのか」「どんな仕事なら条件に合うのかが分からない」という方は、多いのではないでしょうか。

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

新しい環境への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いでしょう。

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、その会社の雰囲気を肌で感じているので、求人票ではわからない職場のリアルな状況を教えてもらうことができます。

給料や残業の多さ、社内の人間関係など企業の採用担当者に聞きづらいことも、キャリアアドバイザーには聞けるのではないでしょうか?

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも大丈夫です。

「転職したい」という気持ちが少しでもあるのであれば、仕事を辞める前に転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 市場が求めているのはどんな人材か(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

「今の職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒おすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

転職に失敗する人の特徴!成功する人がやっている共通点とは?

40代の転職を成功させるには?未経験は?失敗しない転職は?

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?

20代の転職を成功させるには理由がある!未経験職種でもまだ間に合う!

【転職するべき人/残るべき人】転職するべきか悩んだら読んでみてください