飲食店を辞めたい人へ!すぐ辞めるべき理由と転職で気をつけるべきこと

慢性的に人手不足が続く飲食業、その理由は高い離職率にあります。

長時間労働になりがちな職場環境であり、ブラックなイメージも強いのではないでしょうか?

実際に働かれている方も相当苦労されている方が多いのが実情です。

転職を検討している方の比率も、他の業種よりはるかに高いでしょう。

今回は、飲食店からの転職について紹介していきます。

飲食店は離職率が高い?ブラックが多い理由

長時間労働になりがち

飲食業は長時間労働だと聞きますが、その理由は営業時間の長さが原因です。

例えば、ファミレスであれば大体朝10時頃からは営業を開始し、夜も12時頃まで休まず営業しています。

また、開店前は開店準備、閉店後は締め作業があるので、店の営業時間=労働時間ではなく、実際には更に長い時間働かなければなりません。

24時間営業の店であれば、常に誰かが働き続けているような状況となります。

もちろんシフト制なので、一人がずっと働いているということはありませんが、限られた人数で営業している以上、大抵は誰かが常に無理をしているような状況が多いというのが実情です。

社員が少なく人手不足

飲食店の多くは、基本的には数名の社員と多くのパート・アルバイトによってシフトが組まれています。

パート・アルバイトではしっかり働いてくれないということではないですが、あくまで非正規雇用の社員ですので、通常仕事のモチベーションはそこまで高くはありません。

また、突然辞めるということも少なくありませんので、急な欠員等があれば常に社員がそれを賄わなければなりません。

パート・アルバイトがうまく雇えないような時には社員がずっと店頭に立っているというようなこともあります。

残業代が出ない

前述のように社員が少ない中、運営されている飲食店ですが、かと言ってその社員の待遇も決して良いものではありません。

朝から晩まで身を粉にして働いている社員ですが、これに対しての残業代はほぼ出ないと言っても過言ではないでしょう。

更にそこまで働いているにも関わらず上からの圧力は強く、本社から更なる利益追求をされることになれば、ますます残業代の申請などできなくなるという負のスパイラルが続きます。

ブラック企業ばかりではないですが、このような会社が多いのが実情です。

休みが不定期になりがち

飲食店が忙しいのは基本的には土日なので、土日の休みというのは基本的に取りづらくなります。

そのため、友人や家族とは生活がズレがちになり、プライベートを充実させるというのもなかなか難しいというのが現状です。

また、業種別の有休消化率も最低で、平成28年の調べでは僅か32.8%という調べも出ています。(参考:http://worklifefun.net/days-off-ratio-h28/)

最近では有休消化率を上げようとする会社も増えてきてはいますが、この状況が劇的に変わるとはなかなか考えづらいものでしょう。

飲食店から異業種への転職するには?

転職しやすい業界を狙う

飲食業界からの異業種への転職は、基本的にはかなり厳しいものになりがちです。

しかし、現在は人手不足が叫ばれている業種もありますので、こちらであれば未経験であっても比較的雇われやすい状況にあります。

IT業界や福祉関連の仕事などは、今も常に人材を求めていますので、こちらであれば転職される可能性は他の業界よりも採用されやすくなるでしょう。

また、職種で言えば営業職も人材募集が多いため、営業職への転職も狙い目です。

飲食業は体力的にもつらい仕事ですので、営業職となっても持ち前のバイタリティで乗り越えられることでしょう。

自分のスキルの棚卸しをする

飲食業界での経験を異業種で活かすことも可能です。

飲食業の方であれば人の採用は相手がパート・アルバイトとはいえ誰でも経験していることでしょうし、店舗の売り上げや在庫管理、人材の割振など、管理職としてのスキルは一通り経験しているはずです。

それをどのように伝えるかということが転職成功へのカギと言えます。

転職を決めたらまずは自分が何をやってきて、どんなことができるのかということを分かりやすく事例と共に説明できるようにしておくことが重要です。

一緒に志望業種の研究も進めておけば、その志望業種において自分はどのような点で役に立てるのかもアピールしやすくなります。

少しでも早く転職活動をする

転職を考えているのであれば、とにかく早く動きましょう。

未経験職種への転職は若さが大きな武器となりますので、いつかは辞めようと思っているのであれば、「なんとなくもうしばらくは」なんてことはせずに一刻も早く行動をした方が転職の確率は上がります。

とは言ってもすぐに仕事を辞めるということではありません。

まずは、転職エージェントに登録をして情報収集をしっかり行ってください。

飲食店は日々の仕事が忙しく、転職活動をする時間を作るのも大変です。

しかし、何も行動を起こさなければ今の状況から抜け出すことはできません。

自分一人で求人情報を探していては時間もかかり過ぎますので、転職エージェントのサービスを利用して、効率良く転職活動を進めて行きましょう。

飲食業界からの転職に転職エージェントの利用は必須です。

サービス利用は無料ですのでリスクなく利用できます。

飲食店からの転職に転職エージェントを利用すべき理由

飲食業の仕事は辞めたいけれど、「自分にどんな仕事があるのか?」「飲食店以外の仕事ができるのか?」と不安に思う方は、多いのではないでしょうか?

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

飲食業界から異業種への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いのではないでしょうか?

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

飲食業から他業種への転職は難しいとは言われていますが、実際に成功させている人は多くいますので、そのノウハウを聞くだけでも非常に参考になるでしょう。

すぐに転職しなくても、ひとまず登録して情報を集めるだけでも大丈夫です。

転職を考えているのであれば、「仕事を辞める前に」まずは転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 市場が求めているのはどんな人材か(今の転職市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか?

今の「職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

飲食店からの転職におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒飲食業からの転職におすすめの転職エージェント

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公務員を辞めたい!公務員から異業種への転職におすすめは?

工場を辞めたい!おすすめの転職先は?

教師を辞めたい…教員から異業種に転職するには?

商社が激務で辞めたい!おすすめの転職先は?

ホテル業界を辞めたい!おすすめの転職先は?

弁護士を辞めたい、つらい、向いてない・・・おすすめの転職先は?