緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

2020年4月7日、新型コロナウイルスの流行拡大に対応するため、緊急事態宣言が出されました。

緊急事態宣言の対象地域は東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡の7都市ですが、それ以外の都市でも影響が出るものと考えられます。

発令が対象としている期間は約1ヶ月です。

新型コロナウイルスの影響で仕事に減り、転職活動を考えていた人は、今後の転職市場がどうなるのか気になるところだと思います。

緊急事態宣言が出た今、転職活動はどのようになるのかお伝えします。

緊急事態宣言、今後の採用状況はどうなる?

緊急事態宣言により営業を自粛する企業が増えており、その期間は少なくとも1ヶ月となります。

人々の活動が自粛されると、営業を停止している企業だけでなく、あらゆる企業に影響が出てきます。

企業の業績が低下し、人件費が削られる

企業の営業利益が低下すると、固定費の中で費用を削りやすく効果が出やすい人件費が削減されます。

業績が悪化し経営が苦しい企業では、リストラなどの人員削減を行う可能性もあります。

そうなると、中途採用も減少することが考えられます。

緊急事態宣言中の採用活動の一時停止

新型コロナウイルスが流行が始まってからは、政府からもテレワークが推奨されています。

緊急事態宣言が出てからは、さらにその傾向に拍車がかかり、リモートワークの他、営業時間を短縮するなどして必要最低限の仕事に厳選しているところが少なくありません。

そのため、中途採用をする予定の企業でも一時的に中断する会社も出てきます。

ただ、企業によってはZOOMやチャットツールを使ってビデオ面談などを行っていますので、ビデオ面談でも対応できるようにしておいた方がいいかもしれません。

緊急事態宣言中の転職活動は控えるべき?

緊急事態宣言が出ている期間の転職活動は、少し様子を見ることをおすすめします。

求人がまったくないわけではありませんが、通常時よりも選べる求人が少なくなってしまいます。

求人が少ない不利な状況で転職活動をするよりも、転職市場が活性化し選択肢が多い状態の方が自分に合った会社が見つかる可能性が高いです。

ただ、あまりにも労働環境がひどかったり、精神的に限界な場合は身体を壊しては何もなりませんので転職活動を続けていきましょう。

転職の準備はしておくべき

今後、5月以降になると倒産やリストラなどの人員削減を行う企業が出てくる可能性があります。

4月に発生した費用の支払いは5月以降に迎える企業が多く、4月の収益がほとんどなければ資金繰りに窮することになるためです。

自分が働いている会社も他人ごとではありません。

いつ業績悪化による人員削減がないとは限りませんので、何が起きても大丈夫なように転職活動をしておきましょう。

今求人を出している企業は業績好調

今は転職活動を控える時期ではありますが、情報収集はしておくべきです。

こういった状況下でも業績をのばしている会社もあり、今、求人を出している会社は業績が好調である可能性が高いです。

企業側は転職サイトや転職エージェントに求人を出したり、採用したりする際に費用が発生します。※求人を探す個人の方には料金はかかりません。

採用に経費をかけられない企業は、そもそも転職サイトや転職エージェントを利用できません。

今、転職サイトや転職エージェントを利用している会社は、業績が安定している見込みが高いのです。

今の時期は転職エージェントで情報収集がおすすめ

今、まだ在職中の人は慌てて仕事を辞めてしまわずに、様子を見ながら転職活動をすることをおすすめします。

まずは転職エージェントに登録して、いつでも活動できるように情報を集めておきましょう。

リーマンショックや東日本大震災、新型インフルエンザ…これまでも様々なことが起こってきました。

このような状況もいつかは落ち着く時がきます。

転職市場が元に戻ってから、転職エージェントに登録して活動を始めたのでは出遅れます。

回復した時に、他の人よりも早くスタートダッシュをきれるよう、今できることをしっかり準備しておきましょう。

⇒おすすめの転職エージェントはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

40代の転職を成功させるには?未経験は?失敗しない転職は?

「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

30代の転職で未経験はキツイは本当?失敗しない30代の転職

【転職するべき人/残るべき人】転職するべきか悩んだら読んでみてください

50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?

転職活動にかかる時間の平均は?在職中に働きながら転職活動するコツ