50代の転職!成功する人、失敗する人ー求人は?未経験は?

転職は基本的には年齢を重ねるごとに難易度が上がっていくため、50代の転職はかなり難しいものになります。

今自分が働く職場にその年代の人が新しく入ってくる、というのは20代・30代の方が入ってくることと比較すると想像しづらくありませんか?

40代・50代という年齢の人が転職をするということは、それだけ異質なものだということです。

この年代で転職を希望する人は、安易な転職ではなく、戦略的に転職活動をしていくことが重要です。

50代で転職で成功するために考えるべきこと

自分に合った求人があるかどうか

50代ともなれば、それまでの経験から仕事に対しての様々な価値観を持っている人がほとんどだと思います。また、仕事についてもある程度成熟したスキル・知見を持っている状態でしょう。

そうした自分の経験が活かせる職場かどうかをしっかりと判断することは、50代の転職においては何よりも重要なことだと考えられます。

それを活かせなければ、50代からの転職を成功させるのはほぼ不可能だとも言えます。

自分の経験や働き方に合った職場を見付けるのが何よりも重要です。

転職による収入の変動で失敗しないか

家のローンや子供の教育費など、特に出費がかさむのもこの時期かと思います。

また、老後の蓄えについても考えなくてはならない年代でしょう。

このぐらいの年齢になると、転職による劇的な給与の変化を見込むのは難しく、それどころか長年働いた会社を離れるとなれば、給与が落ちることも大いに予想できます。

自分のことだけではなく家族や将来のことなど、周囲の人に与える影響もよく考える必要があります。

新しい職場に適応できるかどうか

新しい職場に慣れるのはかなり体力や気力が必要なことです。

また、50代の新人ともなると、若手ほど頻繁に目にする存在ではありませんので、周囲の人の接し方も変わってくるでしょう。

受入れられやすさという意味でも、20代の新人と50代の新人では勝手が違いますので、そういった点でも気を遣う機会は多くなるでしょう。

会社の雰囲気次第な部分もありますが、若手よりは苦労する部分だと考えられます。

50代の転職が成功しづらい理由

求人自体が少ない

若年層の転職であれば、未経験求人等も多いかもしれませんが、そもそも50代の人を新しく入れるというのは会社としても入社後に働ける年数が少ない分、雇うことにリスクがあります。

ポテンシャルを重視した採用などはまず見付からないと考えても差し支えないでしょう。

年齢的なデメリット

50代となると、健康や仕事の習得に対する懸念は拭えません。

50代の方から言わせてみれば、まだまだ現役と言いたいところではあるかもしれませんが、体力も物覚えも若い人と比較すれば劣るのは事実です。

会社側からしてもタフな仕事をしてもらうには少し不安が残るため、使い所を考えなければならないという扱いづらさがあるでしょう。

給与が高過ぎて扱いづらい

以前ほどではないにしろ、依然として年功序列賃金性が根強い日本では、50代の方の賃金はそれなりに高いものになっているでしょう。

好待遇で迎える人材は、会社においても決定的な仕事をしてくれる人を望みますが、それだけに中途半端な人では安易に雇うことが出来ないため、結果的に採用に至るまでの難易度は高くなります。

50代の転職を成功させるポイント

自分のキャリアの棚卸しをしっかり行う

50代の転職を成功させるには、自分の経験を活かした転職活動が不可欠です。

自分がこれまで仕事の中でどのようなことを経験して、どのようなことに対処してきたのか、こうしたことを自分の中でもう一度しっかりと振り返りましょう。

熟練の知識や経験を必要とする求人は必ずありますので、そうした求人に対して他の人には無い自分の強みをアピール出来るよう準備していきましょう。

活動開始は退職する前、在職中に始める

前述した通り、求人の数に関しては若年層より減少傾向にありますので、転職活動は比較的長期にわたる可能性があります。

また、家庭でも子育て・ローンなど特にお金がかかる時期でもありますので、長期的に収入が無い状態が続くのは好ましくありません。

退職した後では取り返しが効きませんので、在職中に転職活動をスタートし、収入基盤を持った状態で取り組んでいきましょう。

失敗しないためには時間をかける

輝かしいキャリアを積み、情報収集を十分にしたとしても、難易度は依然として高いのが50代の転職。

若い内に転職経験がある方は特にその差に戸惑うかと思います。

そうした状況にうろたえ、焦ってしまうのは失敗の元。

自分を安売りすることなく、しっかりと希望に合う転職先が見付かるまで、辛抱強くやっていきましょう。

転職エージェントを使って転職活動を効率的に

50代の転職で年収アップを狙うのであれば、基本的にはエグゼクティブ系求人がターゲットになります。

エグゼクティブ求人に関しては特に非公開求人も多く、転職エージェントのキャリアコンサルタントが仲介して人材を紹介するため、自分だけでは探すことはまず不可能です。

そうした求人の情報もしっかりキャッチするためには、転職エージェントの利用が必須となります。

豊富な求人とこれまで様々な転職をサポートしてきたスキルを持っていますので、うまく活用させてもらいましょう。

また、50代の転職活動の成功事例も多く持っていますので、こうした事例を研究していくのも成功への道の一つです。

基本的には在職中の転職活動が基本となりますので、その場合は仕事との調整も重要です。

エージェントが仲介してくれれば、面接の日程調整も比較的容易になりますので、是非とも活用していきましょう。

50代の転職に転職エージェントを利用するメリット

50代の転職は、これまでのスキルや経験を活かした転職ができるかどうかがポイントです。

また、いくらスキルや経験をアピールしても、求人先の企業のニーズにマッチしていなければ魅力的な人材と思ってもらえません。

そのため、転職活動ではあなたの経験や希望と企業が求めるものが上手くマッチするかどうかが重要になってきます。

うまくマッチする企業を探すためにも、企業研究や情報収集が必要になるのですが、個人の力だけではどうしても限界があります。

そのため、ぜひ転職エージェントを活用することをおすすめします!


転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートを行います。サポートはすべて無料です。
  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

新しい環境への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いでしょう。

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、採用担当者と直接やりとりしているので、求人側のリアルな生の声を教えてもらうことができます。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも大丈夫です。

「転職したい」という気持ちが少しでもあるのであれば、少しでも早く転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 求人先が求めているのはどんな人材か(相手のニーズ)

これらのことを知ることで、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

50代の転職はやはり難しいというのは間違いありませんが、やり方次第では効率的に進めることも出来ますし、希望通りの転職を成功させている人も多くいます。

決して妥協することなどないよう、覚悟をもって転職活動に挑戦していきましょう。

⇒50代の転職におすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職に失敗する人の特徴!成功する人がやっている共通点とは?

「未経験歓迎」本当の意味は?未経験でもおすすめ求人の探し方

転職活動にかかる時間の平均は?在職中に働きながら転職活動するコツ

【転職するべき人/残るべき人】転職するべきか悩んだら読んでみてください

緊急事態宣言中の転職活動はどうなる?

40代の転職を成功させるには?未経験は?失敗しない転職は?