同期と仕事を比べられるのが嫌!劣等感を感じている人へ

一緒に働く同期や先輩たちは、本来であれば力を合わせて目標を達成する為の仲間ですが、時にそうした仲間と自分を比較し過ぎてしまったという経験がある人は少なくないのではないでしょうか?

「もっと自分も頑張ろう」など、前向きな気持ちになるのであれば歓迎すべきことですが、マイナスな気持ちになってしまいがちな人も多いでしょう。

落ち込んだり妬んだりなど、頭では協力すべきだと分かってはいても、こうした気持ちが先行してついつい足の引っ張り合いになってしまうことになっては問題です。

同僚と比較しついつい悲観的になってしまう人は、以下のことを参考に、自分の気持ちをコントロールすることにチャレンジして欲しいと思います。

同期と比較する人は何を比較対象とするのか?

まずは、何において自分と他者を比較しているのかを把握する必要があります。漠然と落ち込んでいても仕方ないので、冷静に自分を見つめ直してみましょう。

業績

「同期なのにあいつはすごく活躍している」自分なりに頑張っていてもなかなか結果が出ず、一方で同期で入社している人が非常に良い成績を残している状況は焦りを感じても仕方がないかもしれません。

これは一概に悪い感情ではなく、自分の活力にもなるもの。悪い方向に行かないよう、うまくコントロールすればこうした気持ちは自分の励みにもなるはずです。

給料や年収など待遇

業種・職種によっても賃金や待遇は変わっていきます。また、同じ業種・職種だったとしても、入社時は同じはずが1年2年と経てばお互いの立場も変わってきて、賃金や待遇が大きく異なってきます。

同じ役職・仕事量・評価でない限りは、給料や年収は人によって異なるのは自然のこと。

ただ、頭では分かっていても気持ちが追い付かないということもあるかもしれません。特に給料に関しては数字として現れる以上、簡単に比較できるので尚更かもしれませんね。

上司や後輩

勤め人である以上、上司や後輩を選ぶということは通常出来ません。

自分の上司は厳しかったり、頼りにならなかったりするのに、自分の同僚の上司は優れた人格者で、チームの雰囲気も良いとなれば、妬ましく思う気持ちも無理はないかもしれません。

隣の芝生は青く見えるということでしょう。

自分のことを振り返ってみましょう

自分が何を引け目にしているのか分かったら、それを解消する為の行動を取りましょう。以下は行動の一例です。

最大限の努力をする

「あいつばかり注目されて・・・」と思った時には、ふと冷静になって自分のことも振り返ってみて下さい。

自分自身は心から努力していると言えるでしょうか?

活躍している人は運もあるかもしれませんが、すべからく努力しているのも事実です。

比較している相手がしていることで、自分が出来ていない部分など、冷静に考えて解消していくことで、自分自身のスキルアップにも繋がります。

仕事のテクニックなど、盗める部分はどんどん盗み、自分を磨いて行きましょう。

相手の立場を考えてみる

外から見ると羨ましい状況に見えても、当の本人には周りに気付かれないような苦労もあるかもしれません。

例えば、給料は高くても全く自由が無いような状況を、あなたは幸せだと思うでしょうか?

もちろん、全てが揃っているような職場は理想的ですが、そんなに都合の良い職場もそうそうあるわけではありません。

全てを求めるよりも、自分が求めるものが充足されているかどうか、そちらの方がより仕事における満足度は高まるはずです。

冷静に考えれば、意外と今の状況も悪く無いと思えるかもしれません。

物事を肯定的に捉える

前項と近いですが、自分や自分の状況についても悲観的に見ることなく、肯定的に物事を考えられるようになれば、その見え方も変わって行きます。

何かと比べている状況では、ついつい自分の悪い部分にばかり目が行ってしまいがちですが、何も自分の全てが悪いわけではありません。

自分の強みを冷静に分析できるのも1つの力です。

自分の中で認めるべき部分は認め、足りない部分は今後成長させていくということをしっかりと明確にすることで、無用な不安や恐れを解消しましょう。

全てやったがやっぱり納得いかない

対処法と言える対処法は全て試したが、以前として不自然な格差が生まれているというような状況であれば、それは自分の力ではどうすることも出来ないことかもしれません。

例えば、昇格一つとってもポジションは限られていますので、一緒に働くメンバーはある種ライバル、全員でやる椅子取りゲームのようなものです。

その場合は、転職を検討するのも一つの選択肢です。

少なくとも本気で取り組んできた仕事であれば、他の職場に行っても活躍出来るだけの力は付いているはずです。

今の職場で納得の出来ないようなことがあるのであれば、別の場所移ることで自分らしく活躍することもできるのではないでしょうか。

自分と人を比較してしまうこと自体は悪いことではありませんが、仕事に支障が出るようでは考え物です

冷静かつ前向きに考えることで、これらは全て自分の活力にすることも出来ます。

今の環境を客観的に見てみませんか?

自分のことや自分の周りのこととなると、感情が入ってしまい客観的に見れないものです。

そんな時、頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーなら、今のあなたの状況を聞いて新しい環境に転職するべきか、今の職場でもう少し様子をみるべきかなど第三者の目で冷静に判断してもらえます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、職場環境や仕事のストレスで苦しんでいる人達からたくさんの相談を受けています。

そのため、さまざまな解決策を提案してくれるはずです。

もちろん、完全無料です。

自分の状況は冷静に判断できないことも多いものです。

今の環境が恵まれていればもう少し頑張ってみてもいいですし、もっといい環境があれば具体的に話を聞いてみるなどの次の一歩が見えてくるのではないでしょうか。

転職エージェントといっても最近では会社もたくさんあり、どこの会社を選べばいいのか分からないという人も多いのではないかと思います。

そんな人におすすめするのが、「マイナビエージェント」の転職支援サービスです。

⇒マイナビエージェントはコチラから

マイナビエージェントをおすすめする理由

①キャリアアドバイザーのレベルが高い

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界の出身者が多く、専門性の高い知識と人事を知り尽くしたプロです。

「ひとりひとりに寄り添ったカウンセリングをしてくれる」と利用者からの評判も非常に高くおすすめです!

②日本最大級の転職エージェントで求人数が圧倒的に多い

マイナビエージェントの求人数は、業界でもトップクラス。幅広い求人を取り扱っているので、他の企業では扱っていない独自案件も多数保有しています。

これら多くの求人情報を把握しているプロの目から見て、今のあなたの職場環境が留まるべき会社か、転職すべき会社かのアドバイスをもらうことができます。

③8割が非公開求人!

人気の高い求人や募集枠が少ない求人、極秘プロジェクトや事業戦略に関わる人材採用は、非公開求人となります。

これら非公開求人は、マイナビエージェントに登録した人にしか紹介されません。

非公開求人は一般的によい人材を求めている企業なので、条件交渉なども含めて、応募者とのマッチングをしっかり行ってくれます。

キャリアアドバイザーが給料交渉などもしてくれるので、条件の良い求人先に転職が可能となります。

マイナビエージェントは、「良い求人を親身なサポートで紹介してもらえる。」と利用者にも評判のいい転職サイトです。

まずは一度キャリアアドバイザーに相談してみてください!

「マイナビエージェント」に相談するならコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場の上司との人間関係が原因で発症したうつ病

人と関わりたくない…1人でできる人間関係によるストレスの少ない仕事

「職場に苦手な人がいて仕事を辞める、転職」はあり?なし?

お局からのいじめがつらい、もう辞めたいという悩み

職場でのいじめ・パワハラ・・・仕事を辞めるのはあり?

職場でのセクハラの定義や対処法!泣き寝入りしないために