仕事でミスする人の特徴、落ち込み・凹みから立ち直るための対処法

仕事上でのミスは誰しも起こし得ることです。

新人はもちろん、仕事が出来ると評判の先輩でさえもミスは起こします。

しかしながら、その失敗の重さは自分自身が感じるものであり、そんな簡単に割り切れない人もいます。中にはそれを苦に退職という道を選んでしまうことも・・・。

いたたまれなくなり退職を選ぶこと自体は、自分の精神を守るために必ずしも悪いことではありませんが、そのようにミスを引きずってしまうようであれば、次の職場に行っても同じように失敗し、同じように辞めてしまうことになると思いませんか?

まずはミスをした自分をしっかりと認め、今後どのように動いていくかということを考え事が非常に重要です。

仕事でミスをしてしまう人の特徴

ミスを振り返らない

ミスをしたことは、自分に重くのしかかってきますが、自分の仕事を見つめ直す一つのきっかけにもなります。

ミスを見つめ直すというのは非常に苦しいことではありますが、自分が成長するためのプロセスと考え、しっかりとミスと向き合いましょう。

失敗は成功の素とも言われるように、失敗自体は決して悪いことではありません。

最も悪いのは、失敗を失敗のまま済ませてしまうことです。

上司・先輩の言うことを聞かない

上司や先輩はあなたと同じように新人時代を過ごし、あなたと同じようにミスをしてきた人です。

そうした人たちだからこそ知っていることや、対処法も様々備えています。

また、そうした人たちから話を聞くことで、まだ自分がしていないミスの経験を共有してもらうことが出来ます。

言わばミスの予習のようなものです。百聞は一見に如かずとも言いますが、全く知らない状態でやるよりは実際にミスを起こしてしまう確率は確実に減るでしょうし、起こしてしまった時でも早くリカバリー出来ることでしょう。

分からないことを分からないままにする

なんとなく理解したフリになってしまっていることが、ミスを犯す最大の原因です。

上司や先輩から指導を受けている時には、必ずメモを取り、不確かなことがあった場合には確実に理解してから取り組みましょう。

忙しそうな人の時間を奪うようで気が引けるかもしれませんが、実際にあなたがミスを起こしてしまった時に動くのも上司や先輩たちです。

ミスの対処にかかる時間は二度同じことを言う程度の話ではありません。迷惑を掛けたくないと思うのであれば、尚更そうすべきです。

仕事でミスをしてしまったときの対処法

すぐに報告する

ミスをしてしまった時にはすぐに報告をしましょう。自分の過ちを認めるのは簡単な事ではありませんが、ミスは時間が経てば経つほどリカバリーが難しくなっていきます。

自分以外が気付いていないミスだったとしても、隠す事なく、正直に申し出るようにしましょう。

素直に謝る

あなたのしてしまったミスはあなただけが原因ではないかもしれません。

ですが、それにより誰かしらに迷惑が掛かっていることは事実ですので、まずは素直に謝罪することが重要です。

当たり前のことではありますが、これが意外と皆出来ていないというのが現実です。謝罪をする時には、言い訳などせず、素直に謝るということを忘れてはいけません。

原因の追求はその後にいくらでもするチャンスがありますので、まずは誠意を示しましょう。

予防策、対策を考える事

ミスには必ず原因があります。その対策を練らなければ、また同じミスを犯すかもしれませんし、あなたではなくとも他の人が起こしてしまうかもしれません。

仕事はチームプレーですので、あなただけでなく、あなた以外の人のことも含めて、次の為の予防策を練りましょう。

チェック漏れといったシンプルなミスであっても、チェックシートを作るなど、何かしらの方法があるものです。

ミスを後に引きずり過ぎない

ミスの後片付けも終わり、対策も練った後は、変に気にし過ぎないことが一番です。

慎重になることは大事ですが、萎縮し過ぎても良い仕事は出来ません。

仕事が出来る人こそ大胆さと慎重さをバランス良く兼ね揃えているものです。

自分の心のためにも、いつまでも引きずる事無く気持ちを切り替えることが重要です。

仕事でミスで辞めるのはあり?なし?

ミスをすること自体は、決して悪いことではありません。

誰もが起こし得ることですので、思い詰めすぎること無く、自分が取るべき行動を間違えずに取れば大きな問題はありません。

ミスの大きさにもよりますが、それにより会社に 居づらくなる様な状況になったのであれば、そんな時は辞めるという選択肢を考えてもいいかもしれません。

ミスをしたことで解雇というようなことは、よほどのことでも無い限りはないでしょうが、周りからの見る目が変わり、何となく攻撃的な態度で当たられるということもないわけではありません。

そうした風潮は社員一人だけが生んでいるものではなく、会社全体として蔓延してしまうものですので、あなた一人の努力だけではどうにもならない場合もあります。

解決したとしても長い時間を費やす可能性もありますので、それが苦痛に感じた時には辞めてしまうこともひとつでしょう。

転職を成功させるには転職エージェントが必須

今の仕事は辞めたいけれど、「転職先があるか不安」「自分がどんな仕事に向いているのかわからない」という方は、多いのではないでしょうか。

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いのではないでしょうか。

また、会社風土や社内の人間関係が原因で転職する場合、新しい職場の労働環境、人間関係が気になるはずです。

次の会社でもまた同じようなストレスを感じることになってしまっては、せっかく転職した意味がなくなってしまいます。

  • 職場の人間関係は?
  • 離職率は?
  • 理不尽な対応や評価はないか?
  • 働いている社員の会社に対する評判は?

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

企業の採用担当者には直接聞きにくいことでも、転職エージェントなら聞くことができるのではないでしょうか?

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、その会社の雰囲気を肌で感じているので、求人票ではわからない職場のリアルな状況を教えてもらうことができます。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでもいいでしょう。

転職が頭に浮かんだら、「仕事を辞める前に」まずは転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 市場が求めているのはどんな人材か(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

自分には今の「職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

異業種への転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒おすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの残業時間は多い?少ない?残業の少ない職種って?

雑用ばかりの仕事がつまらない!辞めるのはあり?

仕事がつらくて死にたい・・・と考えてしまう人へ

仕事量が多いのは自分だけ?原因と対処法を紹介します。

仕事が面白くない・・・と思ったらやってみること

休日出勤で休みがない!手当は払われてる?代休はある?ブラック企業の見極め方