「怒られるのが怖い」毎日上司に怒られてばかりの人の特徴と対応法

仕事をしていれば、上司や先輩から怒られる時は必ずあります。

今や誰もが認めるエースのような存在の先輩でさえも、新人時代には怒られて育ったというストーリーがあるというのは珍しい話ではありません。

上司や先輩から怒られるのは、自分が成長する為のバネとも言えるかもしれません。

しかし、それが度を越えてしまっていたら?

明らかに当てつけのような怒られ方をするようであれば、それは健全な怒られ方ではありません。

また、それが続くことで周りで見ている人にも、「あいつはいつも怒られてばかり」というイメージを与えてしまい、悪影響に繋がってしまいます。

自分ばかり怒られるというような人には、以下のことを参考にして欲しいと思います。

自分は怒られすぎ?判断するためのチェックポイント

怒られているのか、叱られているかの判断から

「怒る」と「叱る」は意味上はほとんど同じものと定義されていますが、コミュニケーションの場における両者の立ち位置は大きく異なります。

「怒る」は、怒る人の感情に起因しており、その人の不満や苛立ちから生まれるものであり、一方で「叱る」は、誰かの行動ことに対して、その非を咎め注意することです。

つまり、「叱る」の根底にあるのはその人の行動を直そうという意識のもとにあり、「怒る」のはあなたというよりはその人の抑え切れない気持ちをただぶつけているだけなのです。

まずはあなたが怒られているのか?叱られているのか?ここを適切に判断する必要があります。

同じことをしても自分だけが怒られる

他の人が同じことをしたのに怒られず、自分は怒られるという場合は要注意!

本来であれば同じミスに対しては同じように咎められて然るべきですが、自分だけという場合は、あなたばかりが槍玉にあげられるという不自然な状況です。

例えばあなたが同じミスばかりするとか、そもそもミスの回数が多いというのであれば、それも仕方のないことなのかもしれません。

しかし、そうした思い当たる部分がないのであれば、あなただけが不利益を被っているということに他ならないでしょう。

みんなの前で怒られる

これは会社にもよるかもしれませんが、人前でその人のミスを目立つように咎めるというような怒られ方は、少し注意が必要です。

今はパワハラなどと言われないよう、指導にあたる立場にある人たちはそうした指導方法についても注意していることが普通ですが、あえてそれをしないということは、あなたに対してはそれでも大丈夫と勝手に認識されてしまっているということです。

そうする理由はあるかもしれませんが、当のあなたがその現状に不満を抱いているのであれば、そうした状況からは一刻も早く抜け出すべきです。

怒られないようにするための対処法

ミスを無くす

最優先にすべきは自分がミスをしているのであればそのミスを無くしていくことでしょう。

単純なケアレスミスであればもちろん、システム上や業務手順にそもそもミスを誘発するような場所があるのであれば、そういったところから修正していくことも含めてです。

怒られている状況には必ず理由があるので、まずはその理由を無くすことから注力していきましょう。

過剰に怒るのをやめてもらうよう交渉する

ひと昔前は部下を怒って育てるというのも一つの方法でした。そうやって育てられてきた人たちにとっては、部下の失敗に対して執拗に怒るということが当たり前になってしまっているかもしれません。

人前で怒られるというのも同様です。言い出しづらいことではあると思いますが、我慢して悩むぐらいなら言ってしまった方が楽かもしれません。

もちろん、直接的には言いづらいでしょうが、先輩に怒られるのであればその上司、上司に怒られるのであれば、更にその上の上司か、あるいはしっかりした会社であれば人事部門や相談部署などもあるのでそちらでも構いません。

あとは、その叱責が会社にとって必要かどうかを判断してもらいましょう。あまりに過剰なものであれば、会社として正しいものにしていくことが当然です。

転職する

それでも変わらないということは、そもそも会社の風土がそのようになっているのかもしれません。その時には、思い切って転職をするのがベストな方法でしょう。

会社の風土はそう簡単には変わりませんし、そうした考え方が根本的に合わない会社というのであれば、恐らく他のことに関しても考えが合わない部分が出てくる可能性が高いでしょう。

改善されることを信じて待つ、怒られなくなることを待つよりも、根本的な問題があるのであれば、その根本を絶ってしまった方が、より理想的な環境に近づけるはずです。

怒られてつらい、つらくないと判断するのはその怒られた本人です。

他の人は大して気にも止めていない場合であっても、必要以上に気にしてしまうあなたは優しい気遣いの出来る人なのかもしれません。

努力は必要ですが、その状況がいつまでも改善されないのであれば、いつまでも心を痛めること無く、自分にあった会社を探した方があなたの為でしょう。きっと今よりも納得のいく環境が見つかるはずです。

転職を成功させるには転職エージェントが必須

今の仕事は辞めたいけれど、「自分がどんな仕事に合うのか」「どんな仕事なら条件に合うのかが分からない」という方は、多いのではないでしょうか。

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いのではないでしょうか。

特に会社風土や社内の人間関係が原因で転職する場合、新しい職場の労働環境、人間関係が気になるはずです。

次の会社でもまた同じようなストレスを感じることになってしまっては、せっかく転職した意味がなくなってしまいます。

  • 職場の人間関係は?
  • 離職率は?
  • 理不尽な対応や評価はないか?
  • 働いている社員の会社に対する評判は?

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

企業の採用担当者には直接聞きにくいことでも、転職エージェントには聞きやすいのではないでしょうか?

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、その会社の雰囲気を肌で感じているので、求人票ではわからない職場のリアルな状況を教えてもらうことができます。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでもいいでしょう。

転職が頭に浮かんだら、「仕事を辞める前に」まずは転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 市場が求めているのはどんな人材か(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

自分には今の「職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

異業種への転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒おすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんな人は要注意!職場で付き合ってはいけない人の特徴

職場の派閥争いなんてくだらない!中立でいると孤立する?

職場でのセクハラの定義や対処法!泣き寝入りしないために

職場のいじめ、嫌がらせの対処法、つらい状況から抜け出すために

職場でのいじめ・パワハラ・・・仕事を辞めるのはあり?

職場での人間関係に疲れた・・・もう辞めたい