仕事に自信がない、怖い、不安で辞めたいと悩んでいる人へ

仕事に限らず、自分のやっていることに自信をもつというのは意外と難しいものです。

日本では謙虚さを美徳とするため、特にそういった風潮もあるように感じます。

ただし、それが過剰な謙遜になるようであれば、仕事にも悪影響を及ぼすかもしれません。

欠点が無い人などいませんが、人それぞれ何かしらの強みは持っており、それすらも否定してしまうことは、もはや自己否定に近いものがあります。

そんな人がどうしたら良い仕事が出来るのでしょうか?

いつも自信なさげにしている人から何かを言われても、どこか説得力に欠けませんか?

過剰な自信はもちろん見直すべきでしょうが、自信をもつことは、あなたが自分らしく生きていくためにも必ず必要なものです。

今回は、自信がもてない時にどのように考えたら良いのかをご紹介します。

どうして自信がもてないのか

他人と比べてしまう

自信が持てなくなる一番の理由は、人と比べてしまうことです。

例えば、同期の仲間と切磋琢磨していくように、良い意味での競争ができればそれは良いことかもしれませんが、結果として自分を貶めてしまうようであれば避けるべきです。

対抗心がスパイスになってモチベーションが上がるという人もいますが、やる気の出し方も人それぞれです。明らかに自分のためにならないような思考からは離れるべきでしょう。

悪いことばかりに目を向けている

あなたにも長所はあるはずです。しかしながら、人は足りていない部分ばかりに目が行ってしまい、自分の長所を認められないということも少なくありません。

短所は確かに直すべきですが、短所によってあなたの長所が帳消しになるわけではありません。

自分自身の中で認めるべき部分については認めてあげても良いのではないでしょうか?

失敗を恐れすぎている

仕事において自信を持つきっかけで、一番重要なものは成功体験です。

何かを成し遂げたという実績は、自分の力を証明した功績として自分の中に残りますので、自信を持つということを力強くプッシュしてくれるでしょう。

そして、成功をするために必要なのは失敗する覚悟。

萎縮して何もやらないのであれば、いつまでたっても成功することはありません。まずは一歩踏み出す勇気を持って行動しましょう。

自信がないと悩んだときの対処法

長所と短所を分析する

しっかりと自己分析をして、自分の長所と短所を書き出してみることで、客観的に自分を見直すことにも繋がります。

ここでいう長所は人に褒められたことのある部分や、自分で長所と感じられる部分、いわば自己満足でも構いません。

書き出してみると、意外と長所が多かったり、短所と言っても取るに足らないものだったり、様々なものが見えてくるのではないでしょうか。

頭の中でそれらを整理するよりも、一度書き出してみてしまった方が落ち着いて考えられるので、ぜひ紙に書くことをおすすめします。

開き直る

仕事が出来る人と比較すると、自分がすごくダメな人間に見えることもあるかもしれませんが、もしかしたら自分を高く見積もり過ぎているかもしれません。

理想が高過ぎるからこそ、現実とのギャップに苦悩するものです。

何年も同じ仕事をし続けた上で上達が見られないのであればともかく、少しやったぐらいで自信などつくものではありません。

自分はまだスタートラインに立っているのだから、何も無くて当たり前だというぐらいに開き直ってしまえば、気持ちも楽になってくるはずです。

失敗しても失うものなど何も無いのですから、思い切って何事にもチャレンジしていきましょう。

環境を変える

どうしても自信がもてないような仕事であれば、その仕事はあなたに向いていないのかもしれません。

それならいっそのこと転職してしまうのも一つです。

苦手でも好きな仕事だったり、将来のために今習得しなければならないものなど、何らかの事情があるのであればそれは続けるべきしょう。

しかし、特にしがみ付く理由もないのであれば、新しい世界を探してみるいい機会です。

仕事は確かに大事なものですが、「たかが仕事」ぐらいの図太さも時には必要です。

仕事があなたの人生の全てはありません。

仕事で自信がもてずに悩むくらいであれば、それはそれと割り切って、他に自信をもてるものや好きなものに打ち込む方がよっぽど建設的ではないでしょうか?

当然仕事は人より出来た方が面白いですし、チャンスも与えられやすいものです。

苦手な仕事を耐えて続けていくよりも、自分の得意なものを仕事にしていく方が、成功の確率は上がります。

仕事も働き方も多様化している時代ですので、探せばあなたに合う仕事も必ず見つかるはずです。そうした場所で力を発揮していきましょう。

転職を成功させるポイント

仕事に自信がもてないと嘆いていても仕方がありませんので、まずは何かしら行動に移してみましょう。

チャレンジ無しで成功は生まれませんので、思い切ってアクションを起こすことで、新たな展開が見えてきたり、自信をもつきっかけが生まれるかもしれません。

とは言っても、いきなり仕事を辞めるのはおすすめしません。

まずは、「転職活動をするかどうかを見極める活動」をしてみてください。

具体的には転職サイトに登録して相談してみることです。

転職サイトのカウンセラーは、様々な会社の情報を把握していますので、あなたの希望する条件の会社を実際に教えてもらうことができます。

今のあなたが転職できる給料相場や条件を具体的に教えてもらうことができるのです。

また、カウンセラーと相談する中で、今の会社のいい点、悪い点を客観的に見直すことができるのも、転職活動をすることのメリットです。

自分の心の持ちよう次第でものの見え方は簡単に変わるものですから、そうして心の拠り所が生まれることで、仕事に今ほど悩まされることもなくなるかもしれません。

考え過ぎずに、まずは行動あるのみです!

転職相談におすすめの転職エージェント

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、あなたと同じように仕事や職場の悩みを抱えた人達からたくさんの相談を受けています。

そのため、キャリアドバイザーが見てきた転職の成功例や失敗例を踏まえ、さまざまな解決策を提案してくれるはずです。

もちろん、転職エージェントへの相談は完全無料です。

転職エージェントといっても、最近では会社もどんどん増えてきて、どこの会社を選べばいいのか分からないという人も多いのではないかと思います。

そんな人におすすめするのが、「マイナビエージェント」の転職支援サービスです。

⇒マイナビエージェントはコチラ

マイナビエージェントをおすすめする理由

親身なサポートで利用者の満足度が高い

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーがしっかり時間をかけてヒアリングをしてくれます。

この親身な転職サポートが利用者の満足度がダントツ高い理由です。

単なる求人紹介ではなく「ひとりひとりに寄り添ったカウンセリングをしてもらえた」との声が多く利用者に高評価です。

求職者の状況を考えての求人紹介、転職アドバイスをしてもらえるので、転職が初めての人でも安心して任せられるのがマイナビエージェントです。

転職を無理に勧められない

転職エージェントと聞くと、「面接や転職を急かされるのではないか?」「無理に転職させられるのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

転職エージェントは企業に人材を紹介することで、企業から紹介料が支払われる仕組みになっているため、登録者に転職を急かすような転職エージェントも存在するのです。

しかし、マイナビエージェントは求職者の気持ちを第一に考えた進め方をしてくれるため、転職を無理にすすめられることはありません。

精神的にしんどい時もあると思います。「強引な転職エージェントはちょっと…」という人には、マイナビエージェントは自信を持っておすすめします。

約8割が非公開求人、マイナビ独占求人も多い!

マイナビエージェントの求人数は、業界でもトップクラス。

約8割が非公開求人でマイナビにしかない独自案件の求人も多数あります。幅広く求人を集めることができるので、転職の選択肢が広がります。

マイナビエージェントは、「求職者のライバルが少なく、よい求人を親身なサポートで紹介してもらえる。」と利用者にも評判のいい転職サイトです。

自分の状況は冷静に判断できないことも多いものです。また、誰かに話すことで心が軽くなることもあります。

まずは、キャリアアドバイザーに相談してみませんか?

転職エージェントに登録したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありません。

今の状況と比較してみて、もっといい環境があれば具体的に話を聞いてみるなど次の一歩が見えてくるはずです。

まずは一度キャリアアドバイザーに相談してみてください!

「マイナビエージェント」に相談するならこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地元に帰りたい!地元への転職のメリット・デメリット

有給休暇が取れない・・・仕事が休めないのは当たり前ではありません!

管理職が向かない、辞めたいなら転職すべき?管理職向いてない、降りたい人へ

あなたの残業時間は多い?少ない?残業の少ない職種って?

仕事が合わないストレス…「辞めて転職」か「我慢して続ける」かの判断は?

仕事でミスする人の特徴、落ち込み・凹みから立ち直るための対処法