あなたの残業時間は多い?少ない?残業の少ない職種って?

「残業が多く自分の時間が取れない」「賃金が労働の割に合っていない」と感じていませんか?

多くの方が悩む転職のタイミング。現在は労働環境の改善に力を入れるようになった会社も少なくありませんので、「ウチの会社ももしかしたら・・・」と考える方も少なくありません。

しかし、あなたの会社は果たしてそうした動きを見せているでしょうか?

そうした動きが全く見えないのであれば、今があなたの転職のタイミングなのかもしれません。

残業時間は多い?少ない?

残業が多いかどうかは賃金の多寡によっても感じ方は違うと思います。

会社によっては、みなし残業時間として既に想定された残業時間が年俸内に含まれている会社もありますので、その範囲内の時間は一般的な残業になるかと言えば若干意味合いは異なるかもしれません。

一方で、いわゆるサービス残業というものも多くありますが、これが多くなればなるほど、“割に合わない残業”という感覚が増えていくものと思います。

残業が多いかどうかの判断の多くはここにかかってくるかもしれません。

残業が多いことのデメリット

身体的疲労が蓄積する

労働時間が長ければ長いほど単純に疲労します。

結果として体調不良になったり、その疲労が仕事のパフォーマンス低下を招き、更なる悪循環を生むことにも繋がります。

本来の力であればさほど時間がかからないようなことも、疲労により何となくやる気が起きず、いつもより時間がかかってしまったという経験がある人は少なくないのではないでしょうか?

ストレス過多になる

残業をしなければいけない仕事量や、なかにはそれを強制させるような就労環境は大きなストレスとなることと思います。

同僚と飲みに行って愚痴をこぼすことで解消されるようなものであればさほど大きな問題ではないかもしれませんが、そんな時間さえも取れず、一人で重圧を抱えていった先はどうなるでしょうか。

精神的に疲労してしまう前に今いる環境から抜け出す必要があります。

社外活動等で自分を磨く時間が取れなくなる

自宅と職場の往復のような仕事をしていれば、当然それ以外の活動に対しての時間は取りづらくなります。

そうなれば、自分磨きとしての自己啓発の時間も得難くなり、結果的に将来のキャリアアップのために必要な知識や技能を習得するのが後回しになっていきます。

キャリア形成で成功している人の多くはすべからく自己啓発をしている方々であり、それを疎かにすることが結果的に将来の年収にも影響を及ぼすこととなります。

残業が少ない会社に転職するには

残業の多い職種と少ない職種

一般的には広告業界やコンサル業界は残業が多い業種と言われています。

こうしたクリエイティブ色の強い職種は仕事に終わりが見えづらいため、残業時間も長くなる傾向にあるようです。

一方で、事務職等のタスク処理が主となる仕事については、タスクの終わりが仕事の終わりと区切りがつけやすい分、残業も少なめに抑えられる傾向があります。

残業が多いのはブラック企業?

「残業が多い会社=ブラック企業」ということではありません。

中には労働時間は長いですが、社員全員がイキイキとして働いている会社も多くあります。また、人によっては「一般的に割増賃金となる残業は望むところ!」という人もいるでしょう。

残業が多くてもそこにやりがいを持って出来る仕事であったり、それに見合う対価がしっかりと支払われているのであれば、一概にブラック企業とみなされるものではないでしょう。

ブラック企業を見極めるポイント

ブラック企業を見極めるポイントは主に下記の3つです。

  1. 離職率が高いこと
  2. 労働条件について多くを語りたがらない会社
  3. 精神論的な部分を誇張する会社

こうした部分について一番情報を持っているのはもちろんその会社で働く社員です。

ただ、社員であればいいということでもなく、可能な限り自分が入るであろうポジションに近い社員の方から話を聞くことがベストです。

今はSNS等でもそうした人を見つけやすくなっていますので、興味のある会社についてはしっかりと裏を取るということが必要になるかと思います。

また、転職エージェントや口コミサイトも転職検討先の実態の情報を多く持っていますので、こうした情報ソースを利用するのも一つです。

現在の職場に不満を抱えていませんか?

仕事に熱心なことは良いことかもしれませんが、盲目的に会社に従事することは危険かもしれません。悩んでいる方は、10年先も今の会社で同じように働くことが出来るかどうか、今一度考えて欲しいと思います。

転職は人生の中でも大きな転機となるため、なかなか踏み切れないことも多くあるかと思います。

しかし、転職に踏み切ったことでより良い職場環境、そして人生を掴んでいる方も多くいます。

例え転職には至らなかったとしても、転職活動をしてみて外を知ることで見えてくることも多くあります。

いろんな会社と比較した上で、「やっぱり今の会社の方がいい!」ということであれば、つらいと感じている今の状況の見方が変わるきっかけにもなるでしょう。

「その会社はあなたが今後もいるべき場所であるのか?」

「それともより良い場所があるのか?」

今、一度自分の立ち位置を見つめ直し、納得でる環境で仕事ができるように行動を起こしてみてください!

今できることをやってみる

今の環境に不満がある場合、現在の職場が世間一般から見てどのような環境なのか、専門家に判断してもらうことをおすすめします。

会社の中にずっといると、長時間労働や休みがないような過酷な労働環境でもその環境が当たり前になってしまい、自分自身ではどこが異常なのか判断できなくなってしまうのです。

第三者に客観的な視点の相談者としておすすめなのが、転職エージェントのキャリアコンサルタントです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、さまざまな人から仕事に関する悩みの相談を受けており、多くの企業の労働環境を見聞きしています。

今のあなたの会社の環境が「許容すべき環境」なのか「今すぐ離れるべき職場」なのかを判断してもらうことができます。

また、それ以外にも求人市場にまつわる様々な情報を教えてもらえます。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • どのような求人が転職市場にあるか(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と悩んでいるより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

自分には今の「職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

転職相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒転職相談におすすめの転職エージェントはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が覚えられない!辛い…もう辞めたいと悩みを抱えている方へ

休日出勤で休みがない!手当は払われてる?代休はある?ブラック企業の見極め方

地元に帰りたい!地元への転職のメリット・デメリット

仕事がつらくて死にたい・・・と考えてしまう人へ

仕事量が多いのは自分だけ?原因と対処法を紹介します。

シフト勤務がつらい!夜勤や交代制勤務が与える影響とは!?