休日出勤で休みがない!手当は払われてる?代休はある?ブラック企業の見極め方

仕事とプライベートのバランスを取るために休日は必須のもの。日々は忙しく働いていても休日にリフレッシュすることで「よし、来週も頑張ろう!」と気持ちを入れ直す大事な時間です。

そんな時間だからこそ、休日出勤というのは出来れば避けたいもの。もしもあなたの休日がいつも休日出勤に振り替えられてしまったら・・・?ちょっと考えたくないですね。

もしあなたが既にそんな状況なのであれば、是非一度そんな状況について見直して欲しいと思います。

休日出勤で休みがないことのデメリット

ストレスが溜まる

休みが少ない場合、当然疲れは溜まりやすくなりますし、次の休みが見えない場合は精神的なストレスも大きなものです。

休みは心身のバランスを取るために必要なもの。疲れが取れないことで、体調を崩しがちになって、でも休みを取れないというような状況は負のスパイラルに陥る典型的な形です。

どんな仕事も身体が資本、その身体を蝕んでいるような状況は、将来に対して負の蓄積をしているようなものかもしれません。

仕事と休みのメリハリがつかない

「明日は休みだから今日は集中してこの仕事を片付けないと!」と意気込んで、いつも以上のパフォーマンスを出したことはありませんか?

仕事と休日のメリハリがあるからこそ、自分の体や気持ちに区切りをつけつつ、正常に働けるものです。

例えばマラソンでも、ゴールがあるからこそペース配分を考えて最後まで走り切ることが出来ます。

「常に全力疾走!」というのは聞こえは良いかもしれませんが、実際には不可能です。ゴールの無いマラソンを延々と走り続けるというのは、相当厳しいものです。

休日出勤が続いている場合はそうしたメリハリの無さから、かえって仕事の能率が悪くなっているということもあるかもしれませんね。

プライベートを充実させづらい

私生活の充実も仕事のモチベーションには重要なことです。仕事が趣味、なんていう人もいるかもしれませんが、そういった人はごく少数に限られるでしょう。

もちろん、平日の終業後の時間でも何かしらの余暇活動をすることは可能でありますが、まとまった時間が無ければ実現が難しい事があるのも事実。旅行なんてもってのほかでしょう。

特に、あなたにパートナーがいる場合には、あなたが休日も仕事に追われているような状況に関して苦々しく思っているかもしれません。

仕事だからと納得してくれているように見えて、かなり我慢していることもあるのではないでしょうか。

休日出勤がない会社に転職するには

休日出勤が多いのはブラック企業?

休日出勤が多いからと言ってブラック企業と決めつけるのは早計かもしれません。

仕事柄どうしても休日出勤が多くなってしまう仕事もあります。

休日出勤をした分だけ、振替休日を支給するという企業もありますし、振替休日が自由に使えるような状況であれば、総じて休日の日数に変わりはありません。

振替休日が自分の仕事や体調に合わせて使えるのであれば、むしろ会社のスケジュール通りの休みよりも便利かもしれません。

また、休日出勤に対してしっかりと手当が出されるかどうかも大きなポイントです。

休日出勤時の割増賃金やその他のルールについては会社毎で規定が異なることも多く、法律で定められているものよりも手厚い内容にしている会社もあります。一度調べてみることをお勧めします。

ブラック企業を見極めるポイント

上記のような休日出勤に対して補填するような制度が整っている場合には、そもそも休日出勤を会社として推奨しているわけでは無いことが伺えます。

一方で、さも当たり前かのように休日出勤を言い渡されるような会社は、社員に休日を与えることに対して感覚が希薄なのかもしれません。

そうした場合は、上司の性格なども影響はしてくるかもしれませんが、基本的にはその上司を重用している会社自体に問題があります。

所定休日が決まっている場合の休日出勤は、あくまで仕事が遅れている場合や、どうしても休日でしか対応出来ない案件があった場合の緊急対応であるべきです。

それが常態化しているような会社は、ブラック企業と言ってもよいかもしれません。

搾取され続ける会社は危険

あなたの会社は社員の大切な休日をぞんざいに扱うようなブラック企業でしょうか?

もしそうであれば、そこから離れることも選択の一つです。前述したように、会社自体がそうした状況を良しとしている場合、改善はそう簡単ではありません。

「今だけだから頑張ってほしい」と言うようなことも、その“今だけ”はいつまで続くのか分かったものではありません。

休日出勤が多くてきついというのは決して甘えではなく、実際には転職時の優先条件の一つとして考えている人も非常に多いものです。

今の就労環境に満足しておらず転職を考えた場合には、ぜひ自分の気持ちに素直になって、条件を満たすところを探すことに注力して下さい。

複数の条件を満たすところを自分で探すのはなかなか難しいかもしれませんが、転職エージェントに相談すれば、あなたの経験は希望職種はもちろん、そうした諸条件も含めてあなたに合う会社を探してくれるはずです。

まだ転職を決意したわけではないという場合も、まずは一度相談してみるのも良いかもしれません。

同じように悩んでいる人はたくさんいますので、良いアドバイスがもらえるかもしれませんよ。

転職を成功させるには情報収集が非常に重要

理想の職場に転職するには、求人先の情報収集が非常に重要です。

求人票や表向きにはよさそうに見えても、実際に仕事をしてみると思っていたのと違ったということもありえます。

  • 休日出勤しても手当ても代休もない
  • 人間関係はいいけど、労働条件が過酷すぎる
  • 残業は少ないと言っていたけど、入ってみるとサービス残業ばかり

せっかく転職したのに、また同じような状況になってしまっては意味がありません。

そのようなミスマッチをなくすために、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人先の職場に足を運んでリアルな状況を把握しています。

  • 休日出勤はどれくらいある?
  • 休日出勤の代休は取れる?残業代はきちんと払われる?
  • 離職率は?
  • 実際に働いている社員の評判は?

不安に思うことや気になることは、どんな些細なことでも相談してみてください。

直接、企業の採用担当者に聞きにくいことも、キャリアコンサルタントであれば抵抗なく聞けるのではないでしょうか?

転職エージェントは、あなたにピッタリな職場を見つけるサポートをしてくれます。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも損はありません。

今の環境を変えてみようかなと思ったら、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 市場が求めているのはどんな人材か(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

自分には「今の職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒転職相談におすすめの転職エージェントはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が苦痛でしかない…辞めたいときに考えるべき3つのこと

あなたの残業時間は多い?少ない?残業の少ない職種って?

雑用ばかりの仕事がつまらない!辞めるのはあり?

仕事が面白くない・・・と思ったらやってみること

仕事に自信がない、怖い、不安で辞めたいと悩んでいる人へ

「給料が安い」給料の相場、平均年収から考える転職の判断基準