仕事がつらくて死にたい・・・と考えてしまう人へ

  • 毎日、残業ばかりで家に帰っても寝るだけ
  • 休日出勤も当たり前で自分の時間がない
  • やってもやっても終わらない大量の仕事
  • うまくいかない上司や先輩との人間関係
  • 仕事でミスをしてしまい恐怖を感じている
  • 人生につかれて生きている意味がわからない

そんな毎日を続けていると、頭がぼーっとしてきて、満員電車に揺られながら、

「なんのために生きているんだろう」
「すべてのことから解放されたい」
「とにかく楽になりたい」
「ゼロからやり直したい」
「しんどい状況から逃げ出したい」
「いっそ死んでしまった方がましかもしれない」

そんなことが、ふと頭に浮かぶことがあるかもしれません。

そして、不安や焦り、絶望感を感じてしまうかもしれません。

そんな時、無理に頑張るのはやめましょう。少し立ち止まって心と身体を休ませてあげる必要があるのかもしれません。

死にたいくらい仕事が辛い人へ

仕事をする上で、ストレスや嫌なことがあるのは仕方がないことです。しかし、死にたいくらいつらいのは普通ではありません。

そんな状態で無理をするのは危険です。

「一度休んだら、会社に復帰できないかもしれない」
「休んだら周りに迷惑をかけてしまう」
「他の人は頑張っているのに、私だけ休むなんてできない」

そんなことを思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

あなたがやらなければ誰かがその仕事をやります。仕事なんてそんなものです。

今の会社にこだわるのはやめましょう。仕事なんていくらでもあります。

ただ一つ代わりがきかないもの。それはあなた自身です。

あなたの代わりはどこにもありません。あなたの身体のSOSに周りの人は気付いてくれません。

気付いあげられるのはあなたしかいないんです。まずは、自分で自分を守ってあげるようにしてください。

まずは休養する

死にたいくらい悩んでしまう方は、とても責任感が強くまじめな人なのではないでしょうか?

どのような理由であれ、「死にたいくらいつらい」「消えてしまいたい」という気持ちを感じているのは、身体がSOSを出しているサインです。

心も体もエネルギーが枯渇している状態です。今、何より必要なのはゆっくり休むことです。

真面目な人ほど、「こんなことで休めない」「周りに迷惑をかけてしまう」と休むことに抵抗感や罪悪感を感じてしまうかもしれません。

「今は休むことが自分の仕事」と考えて、しっかりとした休養をとるようにしましょう。

小さな楽しみを見つける

どん底の時は、1日1日を生きているのがとても苦しく感じることもあるでしょう。1週間先のことなんて考えられないこともあります。

そんな時は、大きな夢ではなく、小さな楽しみ、ちょこっとの目標が支えになることがあります。

「明日、テレビでプロ野球を見よう」「あとでお菓子を食べよう」

そんな目標を見つけ、達成したいと思っている過程で、少しの希望の光が見えてくることもあります。

誰かに話を聞いてもらう

精神的なストレスを感じている場合は、心療内科など専門家に相談するのが最良の方法です。

心療内科などの病院に行くことに抵抗がある人もいるかもしれません。

そんな時は、家族や友達など身近な人に話してみませんか?親身になって一緒に考えていくれる人はきっと近くにいます。

もし今、仕事や職場での悩みを抱えているなら、転職エージェントのカウンセラーさんに話を聞いてもらうのも一つです。

あなたと同じように悩んでいる人の話などを聞いてみると「自分だけじゃないんだ」「同じように悩んでいる人がいるんだ」ということを感じられるはずです。

そのことは、とてつもない安心感を与えてくれ、きっと心が楽になるはずです。

辛さはSOSのメッセージと考えてみる

「死にたいくらいつらい」という気持ちになったのは、「このままのペースでいくと大変なことになるよ」「ちょっと無理しすぎなんじゃない?」「一度立ち止まって考えてみて」「もっと周りに頼っても大丈夫だよ」という身体からのメッセージかもしれません。

このような苦しさを経験すると、人の苦しみがわかるようになります。強く心の苦しみを感じたことのない人は、苦しんでいる人の痛みがわかりません。

辛く思い悩むことで、「心が豊かになる経験」を得たと感じると、このような経験も決して無駄ではないと感じられるのではないでしょうか?

苦しみ悩むことが多い人は、繊細で感受性が強くやさしい人が多いです。

そして、苦しみを乗り越えることで、さらに心が強くてあたたかい人になる人がたくさんいます。

  • 人にやさしくなれるようになる
  • 自分の弱さを人にさらけ出せるようになる
  • 家族や友達に話すことで、彼らに愛されていることがわかった
  • 普通が幸せだと感じられるようになる
  • 仕事を離れて家族と過ごす時間をもてた
  • 生きていることがありがたいと思えるようになった

少し立ち止まって、つらさやしんどいことからのメッセージを探してみませんか?

転職活動をして動いてみる

少し立ち止まりたくても生活があるので、休職したり退職することができないという人もいるでしょう。

そんな時は、転職活動をしてみてください。今の状況を続けていても何も変わりません。

まずは、一歩踏み出すことです。

その一つとして転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

転職する際、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いのではないでしょうか。

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

あなたと同じようにつらい環境から抜け出し、転職に成功した人たちのノウハウを聞くだけでも非常に参考になるはずです。

また、つらい気持ちを誰かに話すことで、少しは心が楽にもなるはずです。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも損はありません。

今の環境が苦しくつらいなら、「仕事を辞める前に」まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 同じように悩んでいた人たちの転職成功事例

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか?

自分には今の「職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒おすすめの転職エージェントはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事でミスする人の特徴、落ち込み・凹みから立ち直るための対処法

休日出勤で休みがない!手当は払われてる?代休はある?ブラック企業の見極め方

仕事にやりがいがない?やりがいのある仕事の見極め方

仕事がつまらないは当たり前?辞めたい人、転職するなら知っておくべきこと

「給料が安い」給料の相場、平均年収から考える転職の判断基準

シフト勤務がつらい!夜勤や交代制勤務が与える影響とは!?