「給料が安い」給料の相場、平均年収から考える転職の判断基準

「今の自分の仕事に対して給料が安い!」と感じてはいませんか?

仕事の満足度は給料だけで決まるものではありませんが、それを左右する大きな指標の一つではあります。

働き始めはなかなか戦力にもなれないため、止む無しと妥協することは出来ますが、何年経っても給料が上がらないというのはなかなかきついものですね。

中には新しい役割や、責任のある立場を与えられたのにも関わらず給料は据え置き、良くて微増という会社も少なくないかもしれません。

多くは望まないとしても、誰しも少ない給料よりは多い給料を望むはずです。

今回はそんな人たちに今の自分の給料について一度考えて欲しいと思います。

あなたの給料は安い?給料の相場ってどれくらい?

自分の給料が安いと判断する基準はなんでしょうか?

同年代の友人や社内の先輩や後輩など。あるいは一般公開されている平均給与などでしょうか?

いずれにせよ、比較によって自分の給料が高い・低いという判断をするかと思います。

日本の給与所得者の平均年収は平成27年度の民間給与実態統計調査によると約420万円(男女・正規非正規の区別なし)とされています。(国税庁 民間給与実態統計調査結果より)

また、同調査では、従業員数10名未満の会社においては平均年収が約337万円、従業員数5,000名以上の会社では約503万円と、規模の違いによる影響も示唆しています。

業種別では「電気・ガス・熱供給・水道業」が800万超えが37.4%、次いで「金融業,保険業」が同26.6%と給与が高い傾向にあります。

一方で、「宿泊業,飲食サービス業」では100万円以下の給与所得者が28.5%と、低所得の比率が高くなっています。業種による違いも非常に大きいですね。

自分が働いている業種は比較的給料が高いと言われているはずなのに、「どう考えても自分の給料は安い!」という場合には役職による付加給が大きいなどの理由もあるかもしれません。

それでは、給料が安い場合にどのようなデメリットがあるのかを見てみましょう。

給料が安いことのデメリット

お金に振り回される

給料が少ない分節約しようとするのは良いことですが、それでも切り詰められる支出には限界があります。

また年齢を重ねていけば必然的に冠婚葬祭など予想出来ない支出も増えていきます。その時にいつも焦ってお金を工面するような状況は避けたいものです。

友人知人との付き合いも重要です。中には「無駄な支出」と全ての食事や飲み会を断るというツワモノもいますが、大抵の人はそのようなことはできません。

また、参加したのは良いがお金の事が気になって楽しめないというのも酷なものですよね。

ある程度自由に出来るお金が無ければ、このように自分の行動や心が振り回されることにもなりかねます。

貯金や投資といった、未来への準備ができない

給料が多い場合、余裕のあるお金を将来のために貯金する・投資するといった行動が取れます。

最近では、NISA等少額からでも投資がしやすい制度を国側が設けていることもあり、以前よりも多くの人が投資へ参加するようになってきました。

しかしながら、給料が少なければ当然投資にお金を回す余裕などあるわけがありません。

将来に対する準備が出来ないまま、歳を重ねることになってしまいます。

機会を失うことがある

「えっ?」と感じるかもしれませんが、あなたの子供のこと、あるいは子供が出来た時のことを想像してみて下さい。

例えばあなたのお子さんが「留学したい」と言い出した時に、それを快く送り出す余裕が今あるでしょうか?

資金面の問題で諦めてもらうということは出来れば避けたいものです。

また、子供がいないにしても、自分が独立して何かをしたいと、ライフワークになるようなことを見つけたとしても、それを叶えられないという可能性もあります。

前述にも関連しますが、そうした資金面による機会損失を避ける為にも、十分な給料を得ることに損はありません。

給料が安いときの対処法

会社に給与交渉をする

給与交渉をあまり良くないものと感じる人もいますが、言わなければ即時の改善はありません。

案外、会社はあなたの苦労を理解していないものです。

あなたが会社に貢献していることがしっかりアピール出来れば、それを無下に扱うというようなことも少ないですので、一度思い切って話してみるのも手段の一つです。

副業を始める

最近では、社外経験による本業への相乗効果を鑑み、副業を認める会社も少なくありません。

もちろん、本業に支障の出るようなものは難しいでしょうが、終業後や休日を利用した副業であれば、会社として認めてくれるところも多いでしょう。

あなたの会社にそうした規定が無ければ、上司やそれを管轄する部署に相談することも考えてみましょう。

なお、副業をする際には税金との兼ね合いもありますので、必ず会社に申告した上で実施して下さい。

無断で副業を行ってしまった場合、予想以上に問題となるケースも少なくありません。

転職を考える

様々な手を尽くしても給料が上がる余地が無い場合には、思い切って転職を考える時なのかもしれません。

特に、現在の業種職種の平均賃金を下回っている場合には、転職によって大きく改善することもあります。

転職をする際には、転職エージェントに相談するのが失敗を減らす方法の一つです。

転職エージェントの中には、転職先との給与交渉も実施してくれるところもありますので、今よりも給料が改善する可能性は非常に高くなります。

給料アップを実現するには

給料が少ないと感じている方は、手をこまねいていても何も変わりませんので、まずは自分から動き出すことを考えてみて下さい。

今、働いている会社もいつまで続くかは分かりません。

給料が少ないなりにも幸せに働いているということは結構なことですが、将来的なことも考えておく必要もあるでしょう。

今はよくても、結婚や子供ができたとき今のお給料でやっていけるでしょうか?

お金がすべてではありませんが、金銭的な余裕は心の余裕につながることも事実です。今一度、しっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

転職で年収アップするには情報収集が重要

転職して年収アップを実現するには、情報収集が非常に重要です。事前準備が転職の成否を左右すると言っても過言ではありません。

また、給料が高くても人間関係が悪かったり、過酷な労働環境では長く働き続けることが難しいでしょう。

  • 給料が高いが労働環境が過酷
  • 残業や休日出勤が当たり前
  • 年収アップはしたがパワハラやいじめがある
  • 昇給が少なく給料が上がらない

そのようなミスマッチをなくすために、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人先の職場に足を運んでリアルな状況を把握しています。

  • 条件がいいけど何か裏があるのでは?
  • 実際に働いている社員の評判は?
  • 給料や労働条件は求人票通り?
  • 人間関係など職場環境は?

不安に思うことや気になることは、どんな些細なことでも相談してみてください。

直接、企業の採用担当者に聞きにくいことも、キャリアコンサルタントであれば抵抗なく聞けるのではないでしょうか?

転職エージェントは、あなたにピッタリな職場を見つけるサポートをしてくれます。

基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも損はありません。

今の環境を変えてみようかなと思ったら、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

  • 今のあなたの年収水準は適正か(今の求人市場)
  • あなたのこれまでの経験からどの程度年収アップが可能か(あなたの市場価値)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

正しい戦略を立てて望む結果を手に入れるには、「自分の現在地」を知り、「的確な情報」を集めるという「事前準備」が非常に重要です。

これを一人でやるのは非常に困難です。

転職エージェントでは、転職のプロが無料でサポートしてくれるのですから利用しない手はありません。

「情報を制する者は世界を制す」その一歩として、まずは無料登録です!

⇒おすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

有給休暇が取れない・・・仕事が休めないのは当たり前ではありません!

仕事がつまらないは当たり前?辞めたい人、転職するなら知っておくべきこと

仕事が忙しい!恋愛もできない!そんな悩みを抱えていませんか?

仕事量が多いのは自分だけ?原因と対処法を紹介します。

仕事でミスする人の特徴、落ち込み・凹みから立ち直るための対処法

仕事にやりがいがない?やりがいのある仕事の見極め方