仕事が合わないストレス…「辞めて転職」か「我慢して続ける」かの判断は?

仕事が合わないということは誰にでもあることです。

環境や待遇の良い仕事・悪い仕事の概念は人によって異なり、転職も以前よりは一般化しています。

最近では、日本の会社も様々な働き方を提唱するようになってきており、フレックスタイム制を導入するような会社も増えてきました。

中には完全自由出社を認める会社もあったりと、以前のように自分自身をむりやり型に押し込む必要性は薄れてきています。

ただ、「仕事が合わないから会社を辞める=甘え」というような潜在的な意識がまだまだ根強いことは拭えません。

今回は、そんな時の考え方・対処法について考えてみました。

仕事が合わなくて辞める・転職するのは甘え?

状況にもよるかとは思いますが、結論としては甘えではないでしょう。

例えば、大した努力もせずに合わないと切り捨て安易に辞めてしまえば、甘えとも言えるかもしれません。

そういった場合は多くの人が言うように「次の会社でも同じことを繰り返す」可能性が非常に高いかと思います。

一方で、状況を改善しようと試みたり、自分自身を仕事に順応させようとしたり環境を変えようとした結果それでも合わないということであれば、それは一概に甘え・逃げとされるべきではないかと思います。

人によって趣味嗜好は違いますので、他の人には合っていてもあなたには合わないということは往々にしてあり得ます。

また、仕事は生活の中で大きな時間を占めるものです。それを合わない、苦しい状態で続けるのは非常に苦痛ですし、あなたの能力を活かすための妨げにもなります。

嫌々ながら仕事を続けても結果は出づらいでしょうし、心身に異常を来たすきっかけにもなりかねませんので、無理に我慢することなく、きっぱりと辞めてしまうことも必要です。

仕事が合わないときの対処法

まずは現状を考える

思い切った決断をする前にして欲しいのは、まず現状確認です。仕事が合わないと一口に言っても、その理由は様々。

「仕事内容が合わない」「人が合わない」「雰囲気が合わない」など、すぐに思い付くだけでも色々とありますが、肝心なのはそれが恒常性のものなのか、それとも一過性のものなのかどうかです。

今までは良かったけど異動になってから居心地が悪くなったというようなものであれば、一時的な感情で手放すには惜しいものかもしれません。

転職したとしても、それよりも良い場所かどうかは入社してみなければ分かりませんし、悪化する可能性もあります。

安易に行動せずに、これまでの事を振り返り、これからのことを想像していきましょう。

状況を変える努力をする

もしも、その仕事が本来は居心地の良いものであって、何かしらの要因によって悪くなっているのであれば、それを取り除くように動くのも良いでしょう。

例えば、人間関係の悪さが影響しているのであれば、その不調和を取り除くだけで劇的に環境が変わることもあります。

普段忙しく仕事をしていると、それ以外のコミュニケーションを取ることが疎かになり、それが大きなひずみとなっているケースもあるでしょう。

メンバーで食事会や、チームビルディングのような催しものを行うことで、普段よりもお互いのことが見え、よりお互いを理解するきっかけにもなるかと思います。

これはあくまで一例ですが、些細なことがきっかけで不和が生まれることはありますので、自分で出来ることはまずやってみましょう。

最悪辞めることを覚悟していれば、大抵のことはチャレンジ出来るはずです。

辞める・転職することを決意したら

それでも辞めることを決意したのであれば、同じ過ちを繰り返さないよう、自分の中で何が良く、何が悪かったのかを考えましょう。

この分析をしないままでは、転職しても結局また同じような状況に陥ることも否めません。

これを冷静に見極めることで、転職の成功率は格段に変わります。仕事を選ぶ基準は様々にありますが、何が重要なのかはあなたにしか分かりません。

何となく自分が分かっていれば良いという曖昧なものではなく、その理由を言語化し、相手に伝えられる形にしておくと良いでしょう。

転職のための情報収集をしっかりと行う

ここまで出来たのであれば、あとはその条件に当てはまる会社を探すだけです。

自分で探してみるだけでなく、転職エージェントなどを上手に活用して、幅広く情報を取っていきましょう。

世の中にはあなたが知らない会社の方が圧倒的に多く、その中から自分に合う会社を自分一人で探すのはまず不可能です。

今は知らなくともあなたに当てはまるような仕事も多く存在するはずです。

そういった自分では見つけられない会社を紹介してくれるのが転職サイトです。転職エージェントの利用はべて無料ですので、これを使わない手はありません。

妥協せずに、自分が満足できる環境を探し求めて行きましょう。

人や環境は変わっていくもの

仕事や環境も生き物ですので、その時々によって様相は大きく変わることがあります。

今の職場にしがみ付く理由があればいいですが、そうでない場合は自分自身も変えていかなくてはなりません。

そして、それは安易な逃げではないことを知っておきましょう。

転職活動において最も重要なことは、しっかりと情報収集を行うことです。

今の仕事に残るにしても転職するにしても、それが成功の秘訣ですので、怠らずにしっかりと行ってください!

転職エージェントを利用するメリット

今の仕事が合わないから辞めたいけれど、「自分がどんな仕事に合うのかわからない」「どんな仕事に向いているのかわからない」という方は多いのではないでしょうか。

自分のことを客観的に判断することは難しいものです。

キャリアアドバイザーのコンサルタントを受けることで、「どんな仕事をしたいのか」「どんな仕事が向いているのか」「どんな職場で働きたいのか」を自分自身で見つめるとともに、転職のプロからのアドバイスをもらうことができます。

転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。サポートはすべて無料です。

  • 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 希望にあった求人情報を紹介してくれる
  • 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる
  • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる
  • 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる

新しい環境への転職は、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いでしょう。

不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。

キャリアコンサルタントは求人先の企業に足を運び、その会社の雰囲気を肌で感じているので、求人票ではわからない職場のリアルな状況を教えてもらうことができます。

給料や残業の多さ、社内の人間関係など企業の採用担当者に聞きづらいことも、キャリアアドバイザーには聞けるのではないでしょうか?

転職エージェントに相談したからといって、必ず転職しなければいけないわけではありませんので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも大丈夫です。

「転職したい」という気持ちが少しでもあるのであれば、仕事を辞める前に転職エージェントに登録することです。

  • あなたのこれまでの経験からどんな転職先があるか(あなたの市場価値)
  • 市場が求めているのはどんな人材か(今の求人市場)

これらのことを知ることで、ただ「辞めたい」と考えているより、より具体的な状況判断ができるのではないでしょうか。

「今の職場以外の選択肢がある」というがわかるだけでも、精神的にとても安心できるはずです。

転職の相談におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひ参考にご覧ください。

⇒おすすめの転職エージェントはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が忙しい!恋愛もできない!そんな悩みを抱えていませんか?

管理職が向かない、辞めたいなら転職すべき?管理職向いてない、降りたい人へ

シフト勤務がつらい!夜勤や交代制勤務が与える影響とは!?

あなたの残業時間は多い?少ない?残業の少ない職種って?

仕事に自信がない、怖い、不安で辞めたいと悩んでいる人へ

仕事が覚えられない!辛い…もう辞めたいと悩みを抱えている方へ